カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

「商品検索」コーナーからお買い物ができます!

お買い上げ金額 2,800円以上送料無料 2,200円以上2,800円未満の送料全国一律250円

秋支度「新スイーツ」

9月1日(火)晴

毎月1日に実施しているお不動さんへのお参りをすませ店に戻ると、すでに常連さんがお待ちでした。シャッターを開けすぐにお入りいただくと、続けてお客様が。昨日の大雨で、一日ずらしたと思われる豆のお客様が続き、おかげさまで夕方までお客様が切れなかったです。ありがたいことです。

夕方お客様が切れたので、検討していた新スイーツの試食。最終的に2品に絞り、おいしかった「洋梨のムース」を採用することにしました。夏限定だった白ゴマムースも残りあとわずか。洋梨のムースは来週月曜日(7日)から販売を開始します。ごろっとした洋梨のスライスがムースの上にのっている秋らしいスイーツです。コーヒーにも合いますので、きっと喜んでいただけると信じています。

洋梨のムース

そしてクッキーも新商品の「ビターショコラクッキー」を9月中旬に採用したいと思っています。こちらはピスタチオクッキーとの差し替え。その他、ジャムの新商品も検討しています。アイス系の夏限定メニューが9月末までなので、それが終わる頃にはコーヒー、スイーツも秋仕様に切り替え、ご来店のお客様に喜んでいただけるようメニューの充実をはかりたいと思います。

今日は暑さが戻りましたが、夜にはこおろぎが鳴く、秋を感じる今日この頃。確実に秋が近づいてきているので、お店も秋支度を万全にしていきたいと思います。

ヤフーカテゴリー登録完了

9月2日(水)曇

先日から申請していた、ヤフービジネスエクスプレスのカテゴリーに登録が完了しました。カテゴリー登録は、ホームページの信頼の証で、大手サイトはほとんどと言っていいほど登録をしています。登録が年々厳しくなっているので、ホームページの隅々のチェックが必要ですし、適さない表現やリンクなども厳しく指摘されます。費用もかかるのでどうしようかと迷いましたが、ホームページのアクセス数と信頼性のアップにはカテゴリー登録は欠かせないので、仕事の合間に根気よくページの手直しを続けました。おかげさまで何とか登録にいたりました。アクセス数が飛躍的にあがったまではよかったのですが、広告を中心にネット関連の企業から営業の電話がひっきりなしにかかってきました。

そんなお店の営業活動とは無関係なことで忙しかった一日ですが、アクセス数があがったからでしょうか、遠方の方を含め、コーヒー教室のお申込が数件ありました。お店を知っていただき、お客様になっていただくのは、圧倒的に近隣の方が多いですが、最近はネットがきっかけという方が増えてきています。

どんな方法でもハンズを知っていただくことが大事だと考えていますので、これからも実店舗、ウエブショップともにアクセスしやすく、利用しやすい環境をつくりたいと思います。明日以降の来客数アップを期待しています。

深煎人気No.1ケニア

9月3日(木)曇

今日のお休みは妻と別行動。妻は以前から行きたかったみなとみらいのパシフィコで開催されている「海のエジプト展」に行きました。詳しくは近々アップされる予定の妻のブログを(よかったら)見てやってください。ということで、今日はお店ネタがないので、好例の豆のお話をさせていただきます。

<ケニアAA>

コーヒー通に絶大な人気のケニア。主要な産地は、ウガンダ国境からリフトバレー地域、ナイロビを中心としたルイル、キアンブ、チカなど、南西部の高原地帯までの広範囲に及んでいます。南部のウンダニーは、タンザニアのキリマンジャロ山に近く急斜面の多いコーヒー園です。ケニアでは、珈琲豆が古くから栽培されており、「ケニアアラビカ」の名で知られた水洗式のアラビカ種は、優れた酸味から西欧諸国の間で高い支持を得ています。豆の格付けはAA、A、B等のアルファベットで表記されます。スクリーンナンバー18以上、欠点豆混入が少ないものが AA(最上級)となっています。ヨーロッパでは深煎コーヒーとしての知名度もあり、苦味の中にほのかに感じる上質な酸味がうけています。

この夏はありがたことに人気のグルメサイトや常連のお客様のブログにとり上げていただたこともあり、アイスケニアがとてもよく出ました。涼しくなってきたこれからは、ホットで淹れたケニアも格別。よかったらこの週末のちょっと贅沢な時間(とき)にいかがですか?

マウイ・モカ

9月4日(金)曇/雨

去年も9月の上旬はお客様が少なかったですが、今年も同様の傾向があります。そんなこともあり、コーヒーの日フェア (9月19日~10月4日)の目玉商品のマウイ・モカのハンドピックをしました。希少性の高いマウイ・モカは、ハワイのコーヒーですが、同じハワイのコーヒーのハワイコナエクストラファンシーと豆の粒の大きさ3分の1程度と小粒(写真の下がマウイモカ・上がハワイコナエクストラファンシー)です。

マウイモカ

あまりに小粒のため、ハンドピックがしづらく時間がかかりましたが、丁寧にハンドピック。小さいから火のとおりが早いと思われるので、忙しい焙煎になるかも。焼き上がりがどんな味になるか楽しみです。みなさんに喜んでもらえるとうれしいです。

ちょっといいことがあった一日

9月5日(土)晴

今日はちょっといいことがあった一日。

ひとつ目は、先日キリンにソックリな流木をプレゼントした小さな常連さん(幼稚園児)がお母様と来店されました。この客さんはハンズのチョコレートケーキが好きでよく来てくださる開店当初からの常連さんです。先日のキリンの流木がいたく気に入ったようで、作者であるうちの常連さん(流木アート教室の先生)宛てにお礼のお手紙を持って来られました。上手なキリンの絵と「とてもきにいりました」とすべてひらがなで書かれた手紙を見ると、ほのぼのするのと同時に、お店をやっていてよかったなあと思いました。

何度か店長日記でお客様の繋がりについて書かせていただきましたが、こんな小さなお客様の繋がりははじめて。小さいけれど大きな感動がありました。きっと流木アートの先生もよろこぶことと思います。

もうひとついいこと。それは、立川誌の輔の落語のチケットが当たったこと。当たったといっても有料ですが・・・。(人気の落語なので抽選がありました。)主催は、ハンズ落語のときに落語繋がりでバッハからご紹介いただいた「かまくら落語会」。幸運にも9月24日(木)。ハンズの定休日。今後の企画のために半分勉強。今から楽しみです。

こんなちょっといいことのあった一日でしたが、昨日常連さんから聞いた有名人の誕生日が気になってグーグルで色々調べました。ちなみに私の誕生日は、ジャネットジャクソンと同じだそうです。みなさんの誕生日は誰と一緒?

9月上旬

9月6日(日)晴

去年もそうでしたが、9月の上旬はどうゆうわけだかお客様が少ないというジンクスがあります。いろいろ考えられられますが、夏休みと9月中旬の大型連休の間で、小休止的な調整が入ることが一番の原因ではないかと考えます。今日は夕方一度ピークがありましたが、静かな一日でした。幸い通販が入っていたので、豆の販売量は普段の土日並みでした。バッハを含め、バッハで修行したお店が9月の上旬に夏休みをとるのも、長年の統計を基にしているのだろう。来年は9月上旬に夏休みをとるようにしたいと思います。

ともあれ、滞っていたことがかなりすすんだ一日。明日から新スイーツの「洋梨のムースをお出しします。少しずつ秋モードになってきましたので、お店も秋モードにしていきたいと思います。

コスタリカSHBロサマウンテン

9月7日(月)晴

好評につき販売期間延長をさせていただいているエクアドルアンデスマウンテンも生豆の在庫がわずかとなり、次回の限定豆「コスタリカSHBロサマウンテン(ウエストバレー)」の販売開始がはやまるかもしれない状況になりました。ありがたい話です。そんなことで、今日はそのコスタリカの特長についてお話させていただきます。

コーヒー産業の近代化が進む同国において、古き良き時代の味作りを復活させようと出来上がったのが「ロサマウンテン」です。「太陽の恵み」をいっぱいに受けて育った100%サンドライ(天日乾燥)のコーヒーです。

首都のサンホセ市から北西方向に約80km地点にある最大規模のナランホ農協で管理、生産されています。良質な赤い完熟実を収穫、欠点豆を除去しながら丁寧に乾燥され、仕上げられます。

コスタリカの特徴的な酸味はオレンジのようなフルーティさを引き立てます。よりバランスのとれた味覚で、後味もすっきりしています。

田舎町を歩いても貧しさを感じさせない、中米にあって中米でない国。まさに中米のスイスと呼ばれる地域のコーヒー。ぜひ一度お試しいただきたいコーヒーです。

話題

9月7日(火)曇

こういう仕事をしていると、カウンターでいろいろなお話をさせていただきますが、結構多いのが車の話です。お店の駐車場においている赤の愛車が影響してか、車好きのお客様から、結構マニアックな話がふられてきます。今でこそ車雑誌を読む機会が減りましたが、結構いろいろな車雑誌を読みあさったことが幸いしてか、車ネタは好きです。今日も車ネタで話が弾んだお客様と1時間くらいお話をさせていただきました。趣味の話題で話が弾むとお客様との距離が少し縮む感じがします。これからもいろいろな話題でお話ができるように情報収集せねば。私の持っている車ネタは少し古くなってきたので、最近の話題が話せるよう今度のお休みに情報収集しよう。

よくよく考えてみると、喫茶店というのは楽しいお話をして商売できるのだからいい仕事だと思います。焙煎技術、抽出技術とならび、トークについても精進して磨いていきたいと思います。

秋仕様第一弾

9月9日(水)曇

日に日に秋を感じるようになってきました。今日は閉店間際に入口付近でこおろぎが鳴いていたので、なおさら秋を感じました。

秋といえば「食欲の秋」。去年から取り扱っているジャムのメーカーのサンクゼールは、長野県でワイナリーをもっていることで有名ですが、ジャムやワインの他にパスタソースやテーブルソースなども定評があります。私たちもそのパスタソースのファン。以前から取り扱いを検討していたパスタソースの「トマトソース」「ガーリック&トマト」「和風ソース」の3品と「そばパスタ」を11日(金)から販売させていただくことになりました。夕方、豆売りコーナー付近に、パスタ関連商品をならべました。

新商品棚

あわせてジャムの新商品「あんず」もラインナップに加えさせていただきました。このジャムもお砂糖不使用のオールフルーツジャム。ぶどう果汁で甘みをつけているので、たっぷり塗ってもカロリーがおさえられます。ジャムやパスタソースはおいしいコーヒーと一緒に楽しんでいただきたいと思っています。

なお、以前から要望の多かった棒状温度計とメタルケースのセットもあらたにラインナップに加えさせていただきました。今日早速一本売れました。

温度計セット

今週から発売させていただいた「洋梨ムースケーキ」もおかげさまで好評です。12日(土)からは新クッキーの「ビターショコラ」もあらたにラインナップに加え、秋のコーヒーシーズンにむけこれからも商品を充実していきたいと思います。是非ご期待ください。

グアテマラリンダ

9月10日(木)晴

今日はお休み。久々にロメ男の洗車をしました。約1時間くらい洗車していると何人かの常連さんが駐車場の前を通られ、ご挨拶をさせていただきました。いつもはお店の前の道しか見ていないので、裏道も結構人通りが多いということがわかり、駐車場に何かメッセージ出そうか検討しようかな?でもあまりごちゃごちゃするのはどうかな?なんて考えていると、お隣のおば様が、「昨日コーヒー買い忘れた。今買える?」と。ありがたいことですので、すぐにマイルドブレンド200gをお挽きしてお渡ししました。

今日はそんなゆっくりした午後を過ごさせていただきました。なので店長日記はいつもの木曜日のようにコーヒーについて。今日はグアテマラSHBです。

ハンズではグアテマラリンダを使用しています。ガテマラリンダはガテマラでも大きい輸出業者の最新鋭の選別機を使って精選されています。欠点数は100g中5点以内。産地は良質コーヒーの産地としても知られているアンティグア及びその周辺地域の高度1400~1500mの地域。良く引き締まったコーヒーの品種はカツーラ・カツアイ・ブルボンです。リンダは、高産地産特有のアロマ・甘味を内包しています。酸味・程よいボディー感がバランス良く感じられる素晴らしいコーヒーです。グァテマラの最上級グレードのSHB(ストリクトリーハードビーン)。SHBとは、ストリクトリー・ハード・ビーンの略で、栽培している標高が1350m以上の最上級豆のことを指します。通常標高が高いと気温の差が大きく、良質なコーヒーがとれとされています。

グァテマラの等級

SHB                     1350m以上 

HB(ハードビーン)             1200~1350m

SH(セミハードビーン)           1050~1200m

EPW(エクストラ・プライム・ウォッシュド)900~1050m

PW(プライム・ウォッシュド)        750~900m

EGW(エクストラ・グッド・ウォッシュド)  600~750m

GW(グッド・ウォッシュド)        600m以下

その他に、豆のサイズで等級を表す方法もあります。豆のサイズはスクリーンと呼ばれ、サイズを選別する篩(ふるい)からその名がつけられていま。ちなみにスクリーン1は64分の1インチ。したがってスクリーン17といえば、64分の17インチのサイズの豆をあらわします。ちなみにカフェハンズではコロンビアスプレモを採用していますが、スプレモはスクリーン17以上が80%以上の最上級の豆です。スクリーンの大小で味の評価はできないですが、粒が大きいということはきちんと成熟した豆ということになるため等級が高く扱われます。その下には、エクセルソ(スクリーン14~16)、13以下は自国内の消費にまわります。

今度豆を買うときに参考にしてみてください。    

発見?

9月11日(金)晴

先日、棒状温度計セットを買われた常連さんから「発見しました」とありました。よくお聞きすると電気ポットの温度設定のことでした。

電気ポットは、沸かす機能と保温機能がありますが、保温機能に温度設定機能が付いているものも最近では珍しくありません。温度設定は、サーモスタットなど、温度が上下することに対応して電源がオン、オフするものが多いですが、オンとオフの温度差があるものも多く、たとえば「90度設定」とあると、90度で電源が切れ、80度でまた電気が入るなんていうかなり温度の幅の広いものもあるようです。この幅が大きいポットだとコーヒーを抽出する際には、結構ぶれることもあります。

カフェハンズでは、コーヒー教室などで、沸騰したケトルから、サーバー、ドリップポットの順で2度お湯を移すことで、比較的簡単に抽出適温の83度前後にすることをお教えしています。このことを忠実に行った常連さんが、実際に棒状温度計で温度を測ったら、83度より約10度近く低いことにびっくり。そこで電気ポットの温度を測ったら、保温温度より低いことがわかりました。先ほど記したオン、オフの幅が原因のようでした。

今までお店の味と家の味が違うことに疑問を感じていたそうですが、温度が低いことが原因だということがわかり、すっきりしたとのことでした。

抽出についての質問で一番多いのが温度と水です。これからは、とことんこだわる方をはじめ、電気ポットの特性をお伝えして、必要に応じて棒状温度計セット(温度計+メタルケース)をご紹介しようと思います。おいしいコーヒーのためにお手伝いできることはで切る限りやらせていただきたい。それが私たちの使命だと思っていますので。

一通のはがき

9月12日(土)雨

今日は天気予報どおり雨。そんな雨の中、一通のはがきが届きました。宛名を見ると知らない人の名前でしたが、書いてある文章を読むと常連さんのお母様ということがわかりました。

ハンズの常連さんの中に、一級建築士を目指す方がいらっしゃいます。先日一次試験をパスされましたが、家で勉強をしていると煮詰まることもあるとのことで、ハンズに来て勉強されることがありました。そのことについて、お礼のコメントがそのはがきには書いてありました。暑いお客様の少ない日に、売り上げに貢献いただき、こちらの方こそお礼を言いたいところなのに・・・。いずれにしても、普通にお店を運営していて、当たり前のことをしているだけなのに感謝されるなんて、とてもうれしいことです。そして、今まさに二次試験の勉強をされているわけですが、ぜひ試験に通って一級建築士の資格を取得してほしいものです。

一杯のコーヒーが飲む方の活力になるなら、こんなうれしいことはありません。明日もそんな一杯を提供したい。がんばりたいと思います。

コーヒーの日フェア

9月13日(日)晴

昨日は雨の日でしたが、お客様が比較的多かったので晴れの今日はお客様がたくさん来てくれることを期待していました。がしかし、その期待はうらぎられ、夕方4時頃までお客様がほとんど来なかったです。来週からのシルバーウイークを控え、みなさん出控えているのかと思うほど。こんな日は、夕方過ぎにピークがあることが多いので、気持ちを切り替え、来週からのコーヒーの日フェアの準備をしました。

コーヒーの日フェア!9月19日(土)~10月4日(日)
  ・期間限定「マウイ・モカ」(希少豆)
    豆売り:30袋限定 1袋50g(600円)ご予約受付中
    店 内:500円/杯
  ・期間限定価格 500円/杯
    ハワイコナEXファンシー 9月19日(土)~9月23日(水)
    ブルーマウンテンNo.1 9月25日(金)~10月4日(日)
  ・お楽しみ袋が当る!
    お会計時にひけるスクラッチカードで当りが出ると、
    お楽しみ袋をプレゼント。

準備をしていると、5時を過ぎた頃からピークがあり、レジを締めるといつもの日曜日並みでほっとしました。日々営業をしていると売り上げに一喜一憂しがちです。しかし、どれだけのお客様に満足していただたかが重要。その積み重ねが売り上げ増加という結果になってあらわれるものです。以前バッハの中川トレーニングセンター長に、売り上げが思うように増えないと相談したことがあります。そのとき、「売り上げも確かに重要ですが、どれだけの方にハンズのコーヒーを気に入ってもらえるか(買っていただけるか)が重要です」と言われたことがありました。明日からも、ハンズのコーヒーをおいしいと思っていただける方を一人ずつ地道に増やしていきたいと思います。

ピーク

9月14日(月)晴

開店時間の前から、駐車場のあたりでにぎやかな音がするので見てみると、お知らせのあったガス工事をしていました。駐車場に入る道が今日は進入禁止なので、もしお客様がお車で来られた際はうまく誘導しなければ・・・。でも、平日だからあまり心配いらないかと思いきや、続けて4台入ってきました。困っていると、お隣のおば様が、「どうせ今日は後ろが進入禁止だから、ここ(お店の横の道)にとめたら?」と言ってくださったので、そうさせていただき、ピンチをどうにかクリアすることができました。おかげさまで午前中は大きなピークがあり、忙しかったです。ケーキもたくさん出て追加補充が必要なくらいでした。このままいけば売り上げ的にはかなりいい結果がでるのではと期待していると、その後、お客様はまばら。うまくいかないなあ、商売は。でも、大きなピークがあったので、今日はよかったと思わねば。

明日はいよいよ、週末から販売開始するマウイ・モカとコスタリカのテスト焙煎です。カッピングが楽しみです。そうそう、先週から発売の「洋梨のムースけーキ」がとても好評です。今日も追加補充が必要でした。お客様からは、コーヒーに良く合うねとの評価です。この週末からのコーヒーの日フェアには、切らさないように少し多めに補充しておこう。

新商品テストロースト

9月15日(火)雨

今日で今月も半分、ハンズの営業日では半分強が過ぎ、明日と明後日の連休後は、いよいよ後半戦。しかも、コーヒーの日フェア、カフェコンサートなどイベントが続きます。忙しくなることを期待しています。

そんな中、今朝は新商品の2品(マウイ・モカとコスタリカ)のテストローストを行いました。いい具合に仕上がり、今週末がはやく来ないかというくらい楽しみな商品です。

コスタリカは、中深煎よりの中煎で、酸味がきつくならないように仕上がっていますし、マウイ・モカは、今まで取り扱った豆のどれにも類似するものが無いほどの風味と粒の小ささ。同じハワイの豆のコナエクストラファンシーと比べると3分の1程度。お店のビーンズ販売コーナーに置いておきますので、ぜひその小さな豆をご覧くださいませ。

今日は雨でしたので飲食のお客様は少なかったですが、通販を含め、豆売りのお客様が多かったので、よかったです。休み前が、低い売り上げだと憂鬱ですが、その逆だと落ち着いて休みを迎えることができます。一部お店の準備に時間を費やしますが、後半戦の力を蓄えるため、明日と明後日はゆっくりさせていただきます。とは言っても店長日記は欠かさず書くつもりですが。

店長日記

9月16日(水)晴

今日は第三水曜日なのでお店はお休みです。常連の方から貸していただいた車雑誌を読みました。昔は車雑誌を穴が開くほど読んでいた時期もありましたが、最近はすっかりご無沙汰です。すっかり楽しませていただきました。常連のお客様ありがとございました。

その後、お店で使うものの買い物に出かけましたが、元町付近を走っていると常連のお客様のブログに載っていた「かばのおうどん」といううどん屋さん(詳細のレポートは妻のブログでご紹介したいと思います。)があったので、入ってみました。一押しの肉汁うどん、おろしぶっかけうどんとごぼうの天ぷらをたのみました。うどんは、普通、1.5、2倍の量が選べるのもうれしい。2時を過ぎていましたが、お客さんでいっぱいでした。うどんはコシがあっておいしかったです。常連のお客様ありがとうございました。

そうこしているとすっかり暗くなりました。帰宅して店長日記を書こうとパソコンを立ち上げると、過去の日記にコメントが。ハンズにご来店のお客様からのコメントで、最近お店をオープンされたという内容の中に、(お店をオープンする際)ハンズの店長日記が参考になったというようなコメントが書かれていました。お店をオープンすることは、大きな出来事ですし、大きな決断をされたに違いない。そんな大事な決断にハンズの店長日記が役に立っていたなんてうれしいことこの上ないです。

日々の日記は、転寝をして気づけば深夜ということもあり、寝ぼけて書いていたためか、後から読み返すと恥ずかしい内容も多々あります。自分で言うのはおかしいですが、お粗末な内容ばかりで、読んでくださる方にはいつも感謝をしています。

学生のころはもちろん、会社員時代も日記なんてつけたことはありませんでした。お店をはじめてから、お店の仕事の一環として日記を続けることを自分に課していますが、あたたかいコメントや、平日のネタを週末の常連さんが知っていたりする、お客様との繋がりがたいへん励みとなり、今まで続けることができました。文才があるわけではないので、読み物として楽しんでいただけないかもしれませんが、苦労や楽しかったこと、ありがたかったことなど、日々のハンズを日記として残していきたいと思いますので、これからもお付き合いくださいませ。

パナマSHBボケテ

9月17日(木)晴

お休み2日目。今日は、夕方ゆっくりお風呂に入りました。普段は朝の焙煎後、時間を気にしながら湯船に入ることが多いので時間を気にせずゆっくりと入りました。まだ明るい時間からお湯につかるのはちょっと贅沢な気分になります。リラックスできたので店長日記を少し早めに書くことにしました。今日はいつもの木曜日好例のコーヒー豆のお話。ハンズでも取り扱いをしている「パナマSHBボケテ」です。

パナマ運河で有名な国、パナマ。パナマゲイシャエスメラルダなどの高品質コーヒーを排出する、コーヒーに対してこだわりの高い国としても有名です。パナマシティーより飛行機で約1時間。そこに“Boquete(ボケテ)”と呼ばれる地域があります。標高の低いパナマシティーとは異なり、高地(1000m以上)に位置するこのBoquete地区は年中涼しく、パナマでは避暑地としても有名です。コーヒーにとって理想的な環境で育ち、その風味は、非常にクリアでやわらかな酸味と甘さが特長です。最上級グレードのSHB(ストリクトリーハードビーン)。

隠れた逸品のパナマボケテ。本当はもっと売れてもいいのに、売り方が悪いのかな。でも最近少しずつファンがついてきましたので、秋のコーヒーシーズンに期待したいと思います。

準備完了「コーヒーの日フェア」

9月18日(金)曇

明日からのシルバーウィークを控えてか、今日は夕方まで閑散とした店内。まあ、こういう日もあるさと明日からのコーヒーの日フェアの準備とハンドピックに集中しました。そうこうしていると、期間限定の「マウイ・モカ50g豆」の予約のお電話が入りました。明日からの連休でお出かけになる常連さんからでした。結局今日は合計で3袋の予約が入り、スタート前にしては上出来。それから、閉店前に明日の準備が出来ていたので、明日からの発売予定だったコスタリカSHBロサマウンテンも200g+1杯売れました。さらに極めつけは、最後に来店された常連さん。明日からの連休用にと、ブルマン、ハワイコナ、モカ・マタリ、コスタリカの4種各200gを買って買えられました。高額の豆ばかりだったので、中盤までの不振を少し緩和でき、ラッキーでした。この常連さんは、結構遠くから来てくださる方で、ハンズのブルマンを特に気に入ってくれています。ありがたいことです。

明日からシルバーウイークです。天気もいいようです。コーヒーの日フェアの準備も整い、みなさまのご来店を心よりお待ちしています。

完売御礼

9月19日(土)曇

朝一でコーヒー教室があったので、午前中も忙しく営業できました。今日から、シルバーウィーク。世間では5連休、中には9連休という方もいらっしゃるとか。普段なら、土日はお客様も多く、営業的には期待をするところですが、大型連休となるとちょっと様子が違ってくることもあります。みなさん遠出や連泊といった、地元に人がいなくなることがその原因で、観光地と少し離れた根岸には、ふらっと流れてくる観光客も期待できないのが現状です。しかも、チラシを見ると色々なところでシルバーウィークのイベント。元町までチャーミングセール。ちょっと困ったと思っていると、おお、そう言えばハンズも今日からコーヒーの日フェアだった。どこも同じか。

で、今日はどうかとやや気をもんでいると、常連さんが次々と来店されました。そしてお電話も何件かあり、午後の早い時間に来週行われるカフェコンサートのチケットがソールドアウトしました。やはりプロ2人の演奏はインパクトがあったようで、ホームページを見てお申込をされた方など、ハンズに初めてお問い合わせをした方も少なくなかったです。

その後、マウイ・モカを買い求めに来られたお客様が続き、豆売りもおかげさまでまずまずでした。お楽しみ袋も2個当たりが出て、連休初日まずは悪くないスタートを切れました。明日は厳しい一日になるかもしれませんが、企画盛りだくさんでお客様をお迎えしたいと思います。

なぜ同時

9月20日(日)晴

シルバーウィーク2日目。ある程度予想していましたが、大型連休の中日はお客様の少ないことが多い統計(ハンズ統計?)どおり、今日は前半閑古鳥がなくくらいでした。最近の傾向として、そんなときは、午後4時ころからピークになることもあるので、きっと今日もそうなると半分期待をしていましたが、午後4時を過ぎても、5時を過ぎてもピークなし。さすがに慌てていると、5時半にお客様の車が車庫に入ったのをかわきりに、2台目の車、2人組の方が2組、その後5人の団体と豆のお客様が30分の間に集中しました。

なぜ同時なのだろうといつも思います。来店されたお客様はみなさん知らない人ばかりなので、しめし合わせるはずもないですが、なぜかしめし合わせたかのようです。きっと、太陽の影響などもあるのだろうと勝手に思っています。日の入りが早くなると、遊んでいた場所から早く帰ろうとするのと同じように、何かのスイッチが入って、行動している結果、同じようなサイクルで動いている人が偶然重なってお店に来ているのだと考えています。(然したる根拠はありませんが)

いずれにしても、普段の休日並みの売り上げがあったのでひとまずほっとしました。今日もマウイ・モカがよく売れました。この分だと、後半まで豆が持たないかもしれない。うれしい悲鳴もあった一日でした。

明日もシルバーウィーク。頑張ります。

隠しダマ

9月21日(火)曇

おかげさまで、今日は朝からピークがありました。平日の常連さんと休日の常連さんが午前中に集中して、カウンターも満席になる勢いでした。午後も大きなピークこそなかったもののお客様が切れずに一日がすぎていきました。波があるのが商売。あらためて商売の難しさを感じつつ、ご来店のお客様に感謝です。

そんな忙しいかった一日でしたが、準備していたあるものが役にたちました。入口の印刷物を見て入ってくる外人さんのご家族。妻がレジをしていたので、私がメニューを持っていくことになりました。「日本語大丈夫ですか?」の質問に、「う~んちょっと。」そんなときのために用意していたアレ、英文メニューをお持ちすると、みなさん笑顔になり、家族全員でメニューを眺めることに。途中英語の心得のある妻がメニューの補足をしました。イタリアンブレンドとチョコレートケーキ、洋ナシのムースケーキ、チーズケーキを召し上がり、帰りに「すごくおいしかったです。今度また来ます」と。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ハンズの入口横の印刷物の中に、英語のインフォメーションがあります。よく外国人の方がご覧になっているシーンを見ますが、中々入ってこられないのが現状です。ですが、今日は勇気を持って入ってこられたお客様に満足してもらえてとてもよかったと思っています。場所柄、外国人の多い町ですので、もっとたくさんの方にハンズの存在を知ってもらいたいと思っています。「おいしいものに国境はない」というカップヌードルのキャッチコピーではないですが、言葉が通じなくても、味で理解されればと思っています。

そう言えば先ほどのお客様、「また来ます。」のあとに、「朝に来ます」といっていたなあ。妻が2階で家事をしている時間帯かもしれない。そうなったらピンチ。即レスキューを呼ばねば。「まさみさ~ん。早く」と。

道場破り

9月22日(火)曇

連休4日目は、この連休で一番厳しい日となりました。昨日までの3日は、おかげさまでたくさんのお客様がご来店くださいまして忙しかったですが、今日は連休の谷間となりました。明日は連休最終日、忙しくなることを願っています。

そんな中、いつもハンズブレンドを買ってくださるご夫婦が息子さんを連れて来店されました。ほぼ10日に一度ハンズブレンドを300g買ってくださるヘビーユーザーで、5日前に300g買ってくださったばかりなのにありがたい。

今でこそ楽しくお話させていただいておりますが、最初に来店されたときは、「以前喫茶店を経営していたので、いい加減なものを出したら承知しないよ」と。ある種、「道場破り」のような雰囲気に緊張がはしりましたが、一番おすすめのハンズブレンドをお出ししました。「うまいね。久しぶりにうまいコーヒー屋に入れた。」とおっしゃってくださって、その日はハンズブレンド300gとハワイコナ200gを買って帰られました。それからずっとハンズブレンドをお飲みいただいています。

コーヒー専門店には、当然のことながらコーヒー好きな方が来店されます。味や品質に厳しい方や同業者も来店されます。際どい質問などもありますが、「おいしい」といってリピーターになってくださる方も少なくないので、これからもお一人お一人丁寧にサービスさせていただき、一人でも多くのハンズファンを増やしていきたいと思います。

シルバーウィーク終了

9月23日(水)晴

今日でシルバーウィークも終わり。おかげさまでこの5連休は、たくさんのお客様に恵まれ、コーヒーの日フェアの滑り出しはまずまずでした。今日でお休みが終わりという方も多いと思いますが、連休最終日はなんとも気が重くなるものです。でも、明日と明後日、仕事をすればまたお休みという方も多いと思いますので、頑張ってくださいね。

私たちは明日お休みなので、店長日記を書いている今がしばしの安らぎの時間。また、明日は抽選に当たった「かまくら落語会」に行ってきます。今回は人気の立川誌の輔師匠。プロの落語を生で見るのははじめてなのでとても楽しみです。4月のハンズ落語がきっかけで、かまくら落語会の代表の方と知り合いになり、今回の落語を見に行くこととなりましたが、こういうご縁は大事にしたいと思っていますし、今後のイベントの勉強にもなるのでしっかり見てこようと思います。

25日金曜日はカフェコンサート。その後週末を向かえ、コーヒーの日フェアも第二週。忙しくなることを願って今日は失礼します。

プロの技

9月24日(木)晴

今日は、かまくら落語会の主催する立川志の輔の落語を見に行ってきました。

久々の鎌倉は平日とはいえ混雑していました。鎌倉周辺で立ち寄りたいカフェのヴィブモン・ディマンシュと石かわ珈琲も木曜が定休日なので行けず、小町通りをふらふらしたあと、会場に向かいました。かまくら落語会の代表の方から、「志の輔さんの落語は人気があるので早めに来たほうがいい」と言われていたので、午後6時の開場に対し、5時に着くように行きましたが大正解でした。会場は286人収容の大きなホールでしたので、5時半を過ぎたころからたくさんの人が訪れ、私たちのあとに長い行列ができました。開場して中に入りましたが、列の先頭だったのでいい席に座ることができました。

午後6時半に幕が開き、最初は志の輔師匠の弟子の誌の春さんの落語。若いエネルギッシュかつテンポのいい落語で、前座としてはレベルの高いものでした。

そして志の輔師匠の登場。高座に座るとやはり貫禄がありました。最初は声が少し小さいかなと思えましたが、それもテクニック。段々テンポがよくなるのとともに声の抑揚もあがり、会場の空気が高座に誘導されていくのがわかります。最近の時事ネタから持ちネタに持っていき、あっという間に笑いの渦へ誘いました。会場が笑い過ぎていると、ちょっと間をおくように観客に話しかけるようなトークをしたり、プロのトークを見せてもらいました。こうしてあっという間に前半が終了。いったん幕が閉じました。

幕が開くと、糸操り人形という伝統芸人が登場。クロコの格好をした職人が、複雑な動きをする操り人形に魂を入れるように微妙な動きを加えます。その後、獅子舞の操り人形も登場しました。プロの技をここでも見せていただきました。

そして志の輔師匠の二度目の落語。今度は古典落語。やはりテンポがよかったのが印象的でした。以前に実施したハンズ落語の演者の方もおっしゃていましたが、落語は見る人にいかに想像させられるかが、落語家の力量。今回の落語は、そういう意味では最上級と思います。トークだけでお金を稼げるなんてすごいことです。プロの技をすっかり堪能させていただきました。

今回、午後6時半から9時まで盛りだくさんの内容でしたがおどろきの価格。かまくら落語会の底力を感じました。バッハに紹介してもらったかまくら落語。会員登録をしてよかったと思いました。忙しかったシルバーウィークの疲れも忘れ楽しい一日となりました。明日はこちらがおもてなしをする番です。カフェコンサートに来店される方々が今日の私たちにような感動を持ち帰られるよう頑張りたいと思います。

プロの技第二弾

9月25日(金)晴

今日はカフェコンサート。午後7時半の開場前からご予約のお客様が少しずつお越しくださいました。

妻が午後の時間を費やしてつくったサンドイッチとブルマンをお席にお持ちして、定刻の午後8時ぴったりに演奏がはじまりました。

カフェコンサート2

今回のコンサートはアコーディオンとヴィオラのデュエット。最初にこの組み合わせを聞いたときはあまりピンときませんでしたが、素人の私がいうのもへんですが、とてもいい組み合わせでした。初登場の波田生さんはとてもスリムですが、パワフルかつ繊細な演奏でしばし珈琲を淹れる手が止まるほど。また、コンビが長いだけあって二人の息がぴったりで、前回以上に感動のコンサートになりました。時折楽しいトークをはさみ、あっという間の一時間。途中通行人の方が見入る場面もありました。きっとこんな風に見えるんだろうと思いデジカメで外から写真をとりました。

カフェコンサート3

昨日の落語もそうでしたが、プロの技は人々に感動を与えます。私たちも珈琲のプロの端くれとしてお客様に感動を与えることができるよう日々精進していきたいと思います。

帰られるお客様が楽しそうに家路に向かう姿を見て、ほっとしたのと同時に企画してよかったと思いました。

芹澤さん、波田さん、今日は素敵な演奏ありがとうございました。そしてご来店のお客様平日の忙しい中お越しくださってありがとうございました

83度

9月26日(土)晴

今日は朝一番から棒状温度計セットが2セット売れました。そのお客様はご自宅用と職場用でお買い求めになられたようです。ハンズではドリップするときの温度を83度に固定していますが、コーヒー教室に参加された方をはじめ、抽出温度を気にされる方が少しずつ増えてきています。午後も器具を買いに来られたお客様が棒状温度計セットを買って帰られ、今日はよく売れるなあと思っていると閉店間際に来店された方も豆と一緒に買って帰られました。みなさん口にされるのは、「おいしい温度は83度」。

ハンドピックを施した雑味のない珈琲を一人でも多くの方に飲んでいただきたい。この思いで日々新鮮な珈琲を販売させていただいていますが、おいしい珈琲は単に豆だけ提供していればいいというわけではありません。淹れ方や水など、珈琲をおいしく飲むためのファクターをお伝えすることも私たちの仕事だと思っています。よくこんなことを言われます。「おいしい淹れ方を教えたらお店に来なくなるんじゃない?そうしたら商売あがったりじゃないの?」と。確かにそのコメントは一理あります。がしかし、ご自宅で珈琲がおいしくなることは消費促進に直結し、結果的に売り上げにはねかえってくることが多いのも事実です。安価な量産品、その場で焙煎してくれるジェットロースターの珈琲など、珈琲と一口に言ってもいろいろあります。ハンズの珈琲は、価格の面ではお買い求めしやすいものではありません。しかし、雑味のないと言う点では自信をもっておすすめできるものと自負しています。効率や価格が重視される最近の風潮とは逆行する製法ですが、これからも手づくり(HAND)にこだわるHANZであり続けたいと思っています。83度の浸透に、そんなことを思う一日でした。

9月最後の日曜日

9月27日(日)晴

シルバーウイークの影響で、今週末は売り上げ的に厳しいと思っていましたが、昨日はまとめ買いのお客様がいたので助かりました。さすがに今日は・・・と思っていると、夕方からお客様が続き、来週ご実家へ帰省される方がまとめ買いをしてくださったのをはじめ、おかげさまで忙しいまま閉店を迎えることができました。

9月は前半まったく振るわず厳しい日々が続いていましたが、後半盛り返すことができました。10月からは、平日ランチ(11:00~14:00)をはじめます。野菜と肉類を煮込んだ具たくさんスープとトーストや洋風どんぶり(タコライスなど)+コーヒーの組み合わせなどを考えています。秋のコーヒーシーズンをむかえ、限定コーヒーなどとともにもっと魅力的なお店していきたいと思います。

反響

9月28日(月)晴

昨日の日記で平日ランチのことを書かせていただきましたが、大変反響がありました。今日来店された方の大半が、「ランチ始めるんですね」と。今まで、「ランチやらないの?やればいいのに。」という意見をよくいただきましたが、コーヒーの香りを大事にしたかったので、においの出る食事を敬遠し続けてきました。これからもその考え方はかわりませんが、約一年半営業してきて、平日のお昼の時間帯はほとんどお客様がいらっしゃらない時間帯であることと、お店に入ろうとした方が入口のメニューを見て(食事メニューがないため)帰られることが多いことから、新しいハンズのお客様を開拓すべくランチをはじめることにしました。

ハンズのまわりのお店は、ボリュームのある食べ物屋さんが多く、女性を中心としたゆっくり食事をしたい人のお店がないように感じます。食事をしたあとにゆっくりとおいしいコーヒーが飲める、そんな空間をめざしたいと思っています。時間帯は、11:30~14:00。昨日の日記で11:00からと書いてしまいましたが、11:30からの間違えですので、訂正してお詫びいたします。

もうひとつ反響があったのは、マウイ・モカ。50gの袋詰め30袋限定で19日から販売させていただきましたが今日で完売。お店で飲む分をはもう少しありますのでご心配なく。この豆は、極端に小さいことと、独特の風味がることからかなり反響がありました。ハンズは珈琲専門店ですので、こらからも色々な種類の珈琲をラインナップとして提供していきたいと思っています。「世界の珈琲をご自宅で」を合言葉に。

コーヒー教室

9月29日(火)雨

今日は、朝からコーヒー教室。ホームページを見て、お申込いただいたお二人の方にレッスンです。83度の抽出温度にはじまり、軟水を使うことなど、淹れ方の基本について説明したあと、ご自分で実際に淹れていただきます。恐る恐るお湯を注いでいましたが、最後の方は落ち着いて淹れられました。淹れ終わった後に自分で淹れたコーヒーをお飲みいただきますが、普段の味と違うことに驚かれます。いくつかのポイントをおさえたらハンドドリップはおいしくなります。コーヒー教室に参加された方の中には、温度計を買って正確に83度をはかり、お店の味に近いという方もいらっしゃいます。一番難しいとされるお湯の注ぎ方についても、自宅でできる練習方法をお教えしていますので、練習次第で必ず上達します。もし興味のある方は、毎月定期的にコーヒー教室を実施していますのでお気軽にご参加ください。ちなみに10月は17日(土)です。

今日は朝に店長日記を書いています。書いている途中、不覚にも熟睡してしまい気がつけば朝でした。まだ気候がいいので大丈夫ですが、風邪をひいたりしてはいけないのでこれからは気をつけたいと思います。今日の日記は日付が変わる前に書きたいと思っています。

完売御礼マウイ・モカ

9月30日(水)雨

19日からはじまったコーヒーの日フェア。おかげさまで多くのお客様に来ていただきました。そんな中、期間限定のコーヒー「マウイ・モカ」が完売となりました。珍しい豆だったので、飲んだあと買って帰る方が多く限定数の30袋はあっという間に売れ、店内でお出しする分もソールドアウト。去年のパナマゲイシャエスメラルダも好評でしたが、今年のマウイ・モカの方が反響が大きかったです。世間的には「0円コーヒー」が好評ということも聞かれますが、500円の限定コーヒーが人気というのは、専門店としてはうれしい限りです。これからも、珈琲専門店ならではの珈琲を提供し続けていきたいと思います。

コーヒーの日フェアも後半戦。限定価格の「ブルーマウンテンNo.1」500円も好評で、続けて飲みにこられたお客様もいらっしゃるくらい。限定価格は今度の日曜日までですので、まだ飲んでいない方はお早めに。

ページトップへ