カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

「商品検索」コーナーからお買い物ができます!

お買い上げ金額 2,800円以上送料無料 2,200円以上2,800円未満の送料全国一律250円

新豆入荷

7月1日(木)晴

今日は定休日。毎月1日は、お不動さんにお参りです。今日はお店がお休みだったので久々に二人でお参りに行きました。7月から毎年売上がダウン傾向になるので、いつも以上に力の入った?お参り。7月から売上が下がるからといって、毎月かかる固定費が少なくなるわけでもなく、工夫してお客様に来ていただく方法を考えなければなりません。ハンズはコーヒー専門店なので、コーヒーの充実をはかるべく考えていましたが、買う側の視点で見ると定番商品が変わり映えしないのが気になりました。期間限定豆は2ヶ月で変えていますが、冷静に考えてみるとそれ以外は変わらないので、いつもハンズの豆を買ってくださるお客様には、選ぶ楽しみが少ないのではと考えます。今回3品の豆を新しくしたいと思います。浅煎のドミニカ、中煎のニカラグア、中深煎のメキシコの3品。ドミニカとメキシコは農園指定。メキシコは有機栽培。ニカラグアもスペシャルティコーヒー。登場する時期については、今の豆の在庫の関係もあるので、少し流動的ですが、20日頃から五月雨式に発売させていただきたいと思っています。暑くなるとアイス用の深煎にどうしても集中しがちですが、深煎意外の豆を楽しんでいただけるようニューカマーをご用意してみなさまのご来店をお待ちしています。

6月末そして7月上旬

7月2日(金)曇/晴

過去2年、6月末そして7月上旬はお客様の来店が少ない傾向があります。今年もその傾向があり、先月末はかなり苦戦しました。ただ、他店の方にも伺うとサッカーの影響が大きかったとの分析もあり、確かに30日は寝むそうにして来店される方もいらっしゃったので、今年は特別なのかもしれません。そんな中、5月の後半から導入した「パナマボケテオルテガル農園」が少しずつ支持してくださる方が増えてきたのが明るい話題です。パナマは中米の中でもコーヒーの品質の高い国で、今までもっとファンが付いてもいいのになと思っていました。少しずつその良さを気付いてくださる方が増えているので、農園指定シリーズを今後も拡充したいと思います。それぞれ個性をもった豆たち。実力はあるのにあまり注目されないのは、生産者の方々に申し訳ないですし、何よりハンズに来てくださるお客様に申し訳ないことです。暑くなってきていますので、アイスコーヒーの楽しみ方はもちろん、ホットのコーヒーの良さをもっとお伝えしていきたいと思います。

ドミニカヌエボムンド

7月3日(土)曇/雨

今日はドミニカの新豆についてお話したいと思います。ドミニカは今まで、「バラオナ」、「モンテアルトエステート」と採用してきました。いずれも浅煎で、酸味の好きな方用の豆です。今回も酸味の珈琲として、浅煎で焙煎したいと思います。酸味を好む方は少ないですが、カリブ海のデリケートな味を堪能するのはやはり、浅煎か中煎。貴重な浅煎の豆として大事に売っていきたいと思います。よかったらぜひ一度お試しくださいませ。

(ドミニカヌエボムンド)イスパニョーラ島は1492年コロンブスの最初の航海で発見されました。島はスペイン領となり、スペイン人の新世界制服の根拠地として開拓されていきます。コーヒーが持ち込まれたのは1735年のことだそうです。(ドミニカ独立は1944年)
「ヌエボムンド」は日本語で言うと「新世界」。ヌエボムンド農園は、ドミニカの中央部にある標高3175mのピコ・ドゥアルテ山の麓、1400-1500mの地にあります。

「香り高く、ジューシー」「自然な甘味を持ち、キレのある酸味が魅力」
同じカリブ海でも「キューバ」や「ハイチ」とは異なります。後味はすっきり。特筆すべきは華やかな香りの高さ。また適度なコクがあり、自然な甘味と、口当たりの良いやさしい酸味が口内に広がります。

エルサルバドル

7月4日(日)晴/曇/雨

今日は午後3時ころまでは、昨日と同様厳しい一日でした。昨日は、開店当初のころのような売上で少々へこみましたが、そんな日もあるのが商売、気を取り直して今日を迎えました。午後3をまわったころからお客様が続き、結局エルサルバドルが完売し、何人かのお客様には、別の豆をお売りするくらいでした。昨日と今日、足して2で割るとちょうどいいくらいでしたので少しほっとしています。前回の期間限定豆のボリビアCOEフロルデベーほどのスピードではありませんが、エルサルバドルもかなりのハイペースで売れています。ハンズのお客さまは珈琲通の方が多く、やはりいい豆は敏感に反応してくださいます。明日もエルサルバドル大目に焙煎します。次回の期間限定豆もそんな珈琲通のお客さまに喜んでいただけるようなものをご用意したいと思います。

うれしい知らせ

7月5日(月)曇/晴

今日のランチは、「表」でした。毎月第一月曜日に、集まりがある団体さんが来てくださったから。毎月来てくださるわけではないので、ある種ギャンブルのような仕込み(の数)になりますが、せっかく来てくださってお帰りいただくのはいけないと思い毎月ロス覚悟でご用意させていただきます。先月、今月と来てくださったので、来月は着てくださらないかもしれませんがご用意したいと思います。そんな月曜日。今週末にお子様が生まれる予定の常連さんが、私服で入ってこられました。「今日は有休ですか?」と伺うと、「今日生まれたんですよ」と。約1週間はやく、しかも安産だったようです。ハンズの常連さんには、結構妊婦さんが多いです。先月生まれた方もいらっしゃいますし、まもなく生まれる予定の方も・・。少子化といわれる中、根岸町付近は明るい将来を感じます。お父さんになられた常連さん。うれしい気持ちを誰かに伝えたかったのでしょう。そんなとき、ハンズに来てくださって私たちもうれしいです。子育てはたいへんだと思います。私たちは子供がいませんので子育ての大変さはわかりませんが、子育てに匹敵するであろうお店を軌道にのせることに注力したいと思います。明日も頑張ります。

不思議な日

7月6日(火)晴/曇

今日は、昨日がランチの「表」(売れる日)だったので「裏」(売れない日)を覚悟していましたが、平均的な状況だったので少しほっとしています。そんな中、今日は不思議な日でした。いつもは、土日に来店されるお客様が、多くいらしてくださいました。いつもはご主人と一緒に来店される奥さまがお一人でランチだったり、商談にハンズをご利用になられた常連男性、土日にケーキセットをオー出される常連男性など、売上こそ土日に程遠かったですが、顔ぶれだけみると土日営業のようでした。ほとんどのお客様には来店のサイクルがあって、来店される曜日など決まっていることが少なくないですが、そのサイクル以外でもハンズを利用したいと思ってくださるのはありがたい限りです。コーヒーの消費が落ちてくるこの時期、魅力的なお店にすべく、いろいろ取り組みたいと思います。コーヒーは3種新しい豆に変更しますが、スイーツも夏向きのものをご用意したいと思っています。

いたらしい

7月7日(水)雨/曇

朝からの強い雨も、開店の時間にはあがったので忙しくなるのを期待していましたが、やはり今日のランチは裏。お客様がこない。こういうのも商売だし、何より現実なので、一喜一憂せず、いただいたゴルフコンペの景品のハンズブレンドの出荷作業にあたりました。ゴルフコンペの景品としての売上もうれしいですが、ハンズの宣伝をしてもいいとのご厚意がありがたく、、チラシなどたくさんいれさせていただきました。あたらしいお客様との出会いがありますようにと願って出荷作業を完了させました。その後、ご近所の常連さんが来店され、世間話の中からにわかに信じがたい内容が・・・。「ウチの近くで、タヌキを見ましたよ」と。お聞きすると以前私たちが住んでいたあたり。1年くらいしか暮らしていなかったので、"見る機会"がなかったかもしれませんが、横浜のしかも中区で、タヌキが出るなんて。ハンズの近くには、森林公園という緑の多い公園があります。クワガタやカミキリムシなど懐かしい虫もいたりするので、たぬきが出てもおかしくないかも。以前神戸の岡本というところに住んでいたことがありましたが、そこはイノシシがよく出ました。最初はそれを聞いたときは、まさかと思っていましたが、意外に慣れているイノシシに、段々違和感を感じなくなっていきました。もし、そのタヌキが野生のタヌキなら、岡本のイノシシのように、町にとけこめたらいいと思います。自然が残るこの町で永く商売を続けていきたい。そう思う一日でした。明日は定休日。金曜日からまた頑張ります。

アイリッシュコーヒー

7月8日(木)晴

今日は定休日。何かネタがないかと考えましたが、先日年配の常連さんから質問があった「コーヒーにお酒を入れた飲み方はないのかね?」のときに、お答えしたアイリッシュコーヒーについてお話したいと思います。暑いこの時期ですが、寒いときに飲むアイリッシュコーヒーの誕生の話で少しだけ涼んでみてください。

アイリッシュコーヒーは、多くのアイリッシュ・ドリンクと同じように、冷たくてさわやかなアイルランドの水から生れました。1930年代から40年代にかけて、アイルランドの南西部の港町、フォインズ (Foynes) はアメリカ合衆国とヨーロッパの間の広大な大西洋を、18時間に及ぶ旅客用の飛行艇による、がたがた揺れ、寒い長旅の、乗り換え地でした。1942年のある日、乗客が長旅と、飛行艇からターミナル・レストランまでのボートに乗った後、しばしば体が冷え、疲れきっているのに気付いた、ブレンダン・オリーガンが率いるスタッフとシェフのジョー・シェリダンは、心を温め、元気を出させるアイリッシュらしい手を加えたドリンクを考え出しました。ある話では、一人の乗客が尋ねたそうです。「これはブラジルのコーヒーですか。」 ジョー・シェリダンは答えて、「いいえ、アイルランドのコーヒーです。」 かくしてアイリッシュ・コーヒーが生れました。そのユニークな味は世界に広まり、特にアメリカで広まりました。

1952年ジョー・シェリダンはサンフランシスコのブエナ・ヴィスタ・カフェに訪れて最初のアイリッシュコーヒーをアメリカに紹介しました。今ではブエナ・ヴィスタ・カフェのアイリッシュコーヒーは世界的に有名になり、毎日この地上でどこよりもアイリッシュコーヒーを売る場所になりました。ジョー・シェリダンを称えて、現在アイルランド南西部への玄関となった、シャノン国際空港にあるジョー・シェリダン・カフェには記念プレートがあります。毎年夏にはフォインズの人たちは、「アイリッシュ・コーヒー・フェスティバル」 として、パレードや、お祭り、トラディショナル・アイリッシュ・ミュージックや「ワールド・アイリッシュコーヒー・チャンピオンシップ」 を楽しみます。フレンドリーでなおかつ真剣勝負であるこのコンテストでは、「ワールド・アイリッシュコーヒー・メイキング・チャンピオン」 のタイトルをかけて世界中のあちこちからウエイター、ウェイトレス、バーテンダーが参加します。世界中のアイリッシュコーヒーを愛する人たちへ、アイリッシュコーヒーが笑顔を運び、心を温めてくれることを祈って、Slainte [スロンチャ] -アイルランド語で「乾杯」。アイリッシュコーヒーのレシピは以下のとおり。
  1. まずはグラス。耐熱グラスをご用意してください。
  2. 淹れたてのホッとコーヒーを用意します。
  3. 砂糖をティースプーン2杯を入れます。ブラウンシュガーが色や香が良いのでベストですが、普通の砂糖でも大丈夫です。
  4. アイリッシュウイスキー (Jameson、Paddy、Powers Gold Label、Bushmills、など) を大さじ2、3杯入れます。好みによりますが普通2、3杯が適当です。
  5. 75%ほどまでお湯を注ぎ、お湯を注ぎながらスプーンでかき回します。
  6. ホイップクリームをコーヒーの上にゆっくり乗せます。スプーンを使ってコーヒーの上に浮かぶように入れます。クリームが新鮮なほど良いです。クリームはかき回して混ぜないで下さいアイリッシュコーヒーのユニークな味は新鮮なクリームの上からコーヒーを少しずつ飲むのがベストです。
  7. 1、2分、グラスが冷めるのを待ちます。手を火傷しないで楽しめるようにペーパーナプキンをグラスにきれいに添えます。

                                  (資料出所:INJ)

自家製のアイリッシュコーヒー、ご自宅でつくってみてはいかがですか。

ギフトの日

7月9日(金)雨/曇

今日は、雨が降ったり止んだりの天気。幸いランチの時間は雨が降らなかったので、新規のお客様もいらしてくださいました。その後、本降りになるとまさに水を差した状態になり、いただいた通販の出荷とギフトの準備に没頭できました。この時期、お中元のギフトは売上としては特需なのでうれしいですが、コーヒー好きのハンズの常連さんならば、別の方からコーヒーギフトをもらったりすることもあるので、そうなるとハンズのコーヒーを飲む量も減ってしまうこともあることから表裏一体の状況です。もっと頑張って、一人でも多くの方にハンズのコーヒーの魅力をご理解いただき、ギフトに使っていただけるようになりたいと思います。ちなみに昨年ギフトを買ってくださった方は、多くの方が再度ご購入をいただいており、贈った先の方が喜んでくださったとの報告をいただくとうれしいものです。反対にリピートがなかった方は、ご満足いただけなかったのかなといろいろ考えてしまいます。

そんな中、今日は以前大変お世話になった方からギフトのご注文を多くいただきました。ハンズのオープンの際には、いろいろ相談にのってくださった恩人で、ハンズのよき理解者でもあります。先週の日記にも書きましたが、6月終盤から7月の上旬は毎年営業的に苦戦します。昨年や一昨年ほどではないですが今年もその傾向があります。しかし、今年は、今日のようにお世話になった方々から、ギフトや通販のご注文をいただいたりしてお店的に厳しい日を何とか乗り切っています。ありがたいとしか言いようがありません。そんな方々の思いにこたえるのはやはり、雑味のない新鮮なコーヒーを丁寧につくることだと思います。明日もたくさん焙煎できる幸せを噛みしめ頑張ります。ギフトシーズンも間もなく終了なので、可能な限りお声掛けをしていきたいと思います。

今年一番熱い日

7月10日(土)晴

今日は暑い一日でした。お店ではアイスカフェオレがよく出ました。そんな暑い日は、今年一番の熱い日となっていました。明日の選挙の最後のお願いとばかりに、立候補者の方々は選挙カーで声をからし、お店のお客様にも力強く手を振って愛想よくふるまい、すっかり町は選挙モードとなりました。ハンズは幹線道路沿いのため、各党の候補者が入れ替わり立ち替わりとおり、正直ちょっとうんざりしました。でも、日本の将来を変える候補者もいる(いてほしい)と信じたいので、当選した議員さんには頑張っていただきたいと思います。明日は投票日。朝一で投票に行きたいと思います。そうそう、選挙区は違いますが、神奈川の別の選挙区で、高校の同級生が立候補していました。片や議員、片や自家焙煎店主。この差はなんだろうとしばし考えましたが、私はやはり自家焙煎店の店主の方がいい。あらためてそう思いました。明日は投票の前後にぜひコーヒー飲みにきてくださいませ。

今日はコロンビア&アイスマラウイ

7月11日(日)曇/雨

今日は朝焙煎、ギフト包装、ランチの買い出し、投票を開店前に済ませ、ありがたい疲れを伴ってシャッターを開けました。いつもの常連さんが開店直後にご来店され、早速楽しい会話で一日がスタートしました。今日は午後2時から4時ころに多少のピークはありましたが、全般的に常連さんとゆっくり会話ができる展開となりました。売上的にはいつもの日曜日だったのでよかったです。

そんな中、ひとつの銘柄にお客様のオーダーが集中することがたまにありますが、今日はホットはコロンビア、アイスはマラウイでした。アイスの一番人気は断トツでケニア、その次はタンザニア。今日に限って言えば、マラウイが人気でした。きっと偶然だと思いますが、以前も日記に「マイルドデー」「モカの日」といった記事を書いた記憶があり、不思議と同じ銘柄にオーダーが集中することがあります。もっと分析すると何らかの傾向がわかるかもしれないので、じっくり考えてみたいと思います。明日は何の日になるのやら。ブルマンの日になればいいと思います。来てくださった方がみなさんブルマンだったら、きっとすぐに売上目標に達しますね。そんなことはありえませんが・・。明日も一杯一杯、お一人お一人丁寧に接したいと思います。ランチはホワイトソースのシーフードスープパスタです。みなさんよかったら食べに来てくださいませ。

7月19日

7月12日(月)曇/晴

今日は昨日の選挙(放送を見ていた)疲れの影響かランチの時間帯はお客様もまばら。最近は月曜日のランチが賑わうので、今日はそのギャップが大きく感じられました。夕方には少し賑わう店内になったので、とりあえずほっとしています。毎日忙しく、目標をクリアできるようになれれば最高ですが、いい日もあり、悪い日もあるのが商売。10戦10勝なんてありえないわけで、一喜一憂しても仕方がない。今日もいつもご来店される方がいらしてくださって、何人かの新規のお客様がいたので、いい一日であることには間違いないです。

今年は梅雨の長雨がなく、比較的お昼間は雨が降らないことが多かったので、例年のようにはやく梅雨明けしないかと願うような思いは少ないですが、暦の上では来週の月曜日は早いもので「海の日」です。ということは、学生さんは夏休みに入るということです。19日の月曜日は祝日なので、久々の祝日ランチをさせていただきます。メニューは後日ハンズママの日記でご紹介いたしますが、スペシャルなスイーツをご用意してみなさまのご来店をお待ちしたいと思っています。よかったら食べに来てくださいませ。

新豆

7月13日(火)曇

今日は雨の予報と、ランチの常連さんの中ですでに今週来てしまった方、「金曜日に来るよ」と言ってくださった方など来てくれそうな方々がいないことから、厳しい一日を覚悟していました。12時くらいまでは、その予想もあながちはずれではなさそうな雰囲気がありましたが、ランチのリピーターの方々が続き、結果的には完売。2時少し前にご来店のお一人様だけお断りすることになるくらいでした。本当に商売はわからない。しかし、つくる量をセーブしなくて良かったとあらためて思いました。そんな中、次回期間限定豆としていくつか候補を挙げ、バッハに相談していましたが、中国雲南珈琲のサンプルが手に入りそうとの連絡がありました。価格がまだわからないので、最終的にお店で扱うかは未定ですが、中国のコーヒーをハンズのお客様にもぜひ飲んでいただきたいと思います。いずれにしてもサンプルが届くのが楽しみです。それと、こちらは決定ですが、メキシコALサンタクルスにかわり、メキシコALラスヌベス農園をこの週末から販売します。農園シリーズがまたひとつ加わります。ラスヌベス農園は、オーナーがサンタクルス農園と同じで、味の傾向も似ています。さらに有機栽培のコーヒーなので、COE、RAと言ったグレードの高い認証コーヒーを飲み続けてくださっている口の肥えたハンズの常連さんにもきっと喜んでいただけるものと信じています。中深煎で、お値段据え置きの600円/100g、430円/CUPです。メキシコは、もともと有機栽培コーヒーの発祥の地なので、その味にも定評があります。よかったら飲みにきてくださませ。夏の、コーヒーの需要が下がるシーズンだからこそ、もっとコーヒーを楽しんでいただけるよういろいろ提案したいと思っています。8月に入ってからも、ニカラグアとドミニカの新しい豆を発売したいと思っています。お楽しみに!

記憶

7月14日(水)曇/晴

関東地方はまだ梅雨の真っただ中ですが、お昼間は不思議と雨が少ないです。夜から朝にかけて強い雨が降ったりと、お店的には助かっています。おかげさまで、今週はランチの時間帯が賑わい、昨日の完売に続いて、今日も完売。そんなときは、金曜が奮わなかったりするので少し心配ですが、不安がっていても意味がないので、今日は今日ご来店のお客様に感謝しようと思います。それと今週は、少し足が遠のいていたお客様がいらしてくださるケースが多かったです。お客様にはそれぞれ、お店を利用されるサイクル(来店サイクル)があり、そのサイクルが狂いはじめると足が遠のくケースが少なくありません。お店に来られるのも習慣みたいなもので、一度その習慣が途絶えると、記憶から消えていくようです。なので、記憶から抹消されまいとした販売促進活動を行うのが通例です。安売りや値引きということも多いですが、ハンズはコーヒー専門店なので、やはりいろいろなコーヒーをご案内したり、コーヒーを楽しむためのいろいろな活動を地道にしていきたいと思います。記憶にとどまるお店になるようがんばりたいと思います。

この夏の新豆

7月15日(木)晴

今日は、横浜は晴れ。暑い一日でした。こんな日はアイスコーヒーがおいしいですが、敢えてホッとを飲みます。夏でもホッとという方は結構いらっしゃいます。そんな方々のために、新豆を続けて発売したいと思います。昨年はアイス用のコーヒーとして深煎を強化しましたが、今回は深煎以外で発売します。

まず、明後日からメキシコALラスヌベス農園:有機栽培(中深煎)を発売します。メキシコは有機栽培珈琲発祥の地。前回好評だったサンタクルス農園と経営者が同じなので期待しています。そしてその次は、次回の期間限定豆、中国は雲南省の思茅(スーマオ)地区のアラビカ。「雲南思茅(スーマオ)」(中深煎)。8月6日~9月末までの期間限定。その次の週、13日からはニカラグア・スペシャル・パディージャ(中煎)、20日からはドミニカ・ヌエボムンド(浅煎)を発売したいと思います。夏ですが、もっと珈琲を楽しんでいただけるよう色々ご案内したいと思います。それぞれ、特徴のある豆ですのでぜひご賞味くださいませ。

ちなみに、カフェハンズはお盆休みの時期も営業させていただきます。ハンズの夏休みは、8月30日(月)~9月3日(金)です。よろしくお願いします。

連休

7月16日(金)晴

今週は、前半まではランチが完売などいいペースで推移。最近、金曜日はランチのお客様が多い傾向があったので期待していました。しかし今日は不発。商売とはそんなものかもしれません。ご来店のお客様の中で、こんなことを言っている方がいました。「明日から夏休み。こどもがずっと家にいるのでこんなふうにゆっくり珈琲を飲めるのはしばらくないな。」と。そう思って比較的ゆっくりされていた方もいれば、いつも金曜日に来てくださる方が今日は来なかったり、連休前の過ごし方はさまざまです。「夏休み」。学生のころは、40日も休みがあったんだ。今では考えられないことです。休みは少ないですが、楽しいことも多い今もいいものです。明日から連休。メキシコの有機栽培も発売しますし、たくさんのお客様が来店されることを期待しています。

連休初日

7月17日(土)晴

世間的には3連休の初日。今までの統計では、お客様が多いか、どこかへでかけてしまうため全く来店がないか分かれるところ。2時ころまでは後者の様相を呈していましたが、その後アイス系のオーダーされるお客様を中心に豆の常連さんが続き、終わってみればお店的には賑わった一日となりました。今日は飲食のお客様は8割がアイス系の飲料をご注文され、豆のお客様はブルマンが多かったです。3連休を過ごすのに、ちょっと贅沢な珈琲を、とブルマンを買って帰られる方が目立ちました。滅多にないブルマンデー。お中元のプレミアムギフト用に少し大目にブルマンを焙煎しておいたので品切れしなくて良かった。入口付近においているA看板を書き換えたり、スイーツのメニュー表を新しくしたためか、それらに書いてある商品のオーダーが多かったです。お知らせは大事ななんだなとあらためて思いました。お知らせと言えば、昨日から、この夏に発売する新豆のお知らせを口頭でさせていただいていますが、やはり中国雲南珈琲の反応がいいようです。ハンズは珈琲専門店ですので、これからも珈琲好きのお客様に、世界の珈琲をご紹介していきたいと思います。明日は連休中日、「中抜け」してしまうこともあるかもしれませんが、充実のアイスメニューでお客様をお迎えしたいと思います。明日も頑張ります。

メニューブック

7月18日(日)晴

今日も暑かったですね。やや連休中日の「中抜け」の感はありましたが、終わってみればいつもの日曜日と同じくらいの売上でほっとしています。

そんな中、ある常連さんとカウンターでお話したのがメニューブックについて。昨日から、この夏の新豆ラッシュのご紹介を兼ねてメニューの説明をさせていただいています。その甲斐あってか、昨日から発売のメキシコラスヌベスをオーダーする方が多くなっています。ご案内する際にあらためて気づくのが、常連さんほどメニューブックを見ないということ。「いつものをお願い」とか「今日のおすすめを」といった具合にメニューを見ずにオーダーしているため、あらためてメニューをご覧になると、「結構いろんな情報が入っているんだね。このメニューブックには」と。確かに、情報量は多いと思います。はじめて来店される方で、特に女性の方は、メニューをじっくり見る(というより読む)あまりオーダーに時間がかかるケースがあります。しかし、お店からお伝えしたいことばかりなので、割愛はできません。その豆の特長からハンズのこだわりなど、盛りだくさんな内容なので、よかったら今度ゆっくりメニューをご覧ください。

明日は、祝日ランチ。プチスイーツとハワイコナを付けて、赤字覚悟でご奉仕いたします。よかったら食べにきてくださいませ。

不思議なジンクス?

7月19日(月:祝)晴

今日は3連休の最終日。3連休は、今までの経験上、売上的にすごくいいか全く振るわないかはっきりと明暗がわかれることが多いです。前者に期待し、ランチを多めに準備しました。GWのときのような11:30ころに大きなピークを迎えることにはなりませんでしたが、ランチのお客様も切れず、お待たせすることなく提供でしてよかったと思います。ただし、ご来店のお客様の数は決して少なくなかったですが、ケーキを頼む方が少なかったので、ケーキが大きくあまってしまった。むずかしい。でも、品切れでご来店の方をがっかりさせるよりもいいので、良かったと前向きに考えたいと思います。3連休はおかげさまで多くのお客様にご来店いただき、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

以前から思っていましたが、不思議なジンクスがあります。ランチをはじめてから、昼食は3時過ぎから遅いときは夕方になることもあります。昼食を食べるときは、お客様が帰られて一段落したとき。厳しい日はその後、夜までお客様が来ないときもあります。お客様が切れて来店の兆しがないとき必ずすることがあります。洗面所へ行くことです。ハンズのスタッフ用(と言っても私達二人の専用)の洗面所は、焙煎室の奥にあります。なぜかわかりませんが、洗面所に入るとお客様が来店されることが多いです。ほぼ9割くらい。顔を洗って出直すといいのでしょうか?今日もお客様が途切れたので、洗面所に行くと、「チリン、チリン♪」とドアベルがなり、お客様が入店されました。明日は、連休明けの火曜日。厳しい一日になることも考えられます。何度も洗面所へ行かなければならない状況にはなりたくないです。今度の水曜日は第三なので定休日です。明日が今週最後の日。精一杯頑張ります。

夜の訪問者

7月20日(火)晴

今日は、連休明けなので緩やかな一日でした。ただランチはまずまずでしたので少しほっとしています。そんな一日でしたが、後片付けをしている午後8時半をまわったころ、「マダイダイジョウブ?」と外国人の男の子が・・・。どこかで見たような彼。その後、車を運転していた大人の男性と、女の子が続いて入店。大人の男性は、ハンズの常連さんでした。「去年ホームステイで来日していた彼が、ここのアイスメイプルカフェオレがおいしかったので、今度来日したときまた飲みたいというので連れて来ました」と。ハンズのメニューはコーヒーだけなので、お子様にはあまり好まれないのが現状です。しかも、日本に来ていろいろなところに連れて行ってもらって、いろいろな飲み物も飲んだろうに。ありがたい限りです。帰られたあと、少し疲れを感じながら片付けをしましたが、なんだか心地いい感じでした。明日と明後日はハンズは定休日。金曜からまた頑張ります。

エスプレッソぜんざい

7月21日(水)晴

今日はお店の定休日。先日から気になっていたあのメニューを食すため、山下町のエリオットアベニューさんに行きました。いつも素敵な二人に迎えられ、オーダーしたのはエスプレッソぜんざい。ここの一番の売りの渾身のエスプレッソを、小豆と白玉、アイスクリームの上にアフォガードのようにしてメニュー化したものです。和スイーツとエスプレッソは意外な組み合わせに思えますが、すごく合います。しかも600円はとてもリーズナブル。しっかりしたエスプレッソだけでも600円はお得なのに。日本でもトップクラスの技術を持つバリスタなのに、このように工夫したアレンジメニューを提供するなんて。うちももっと工夫しなければ。そのあと、常連さんからもらったというシアトルのスタンプタウンのコスタリカをプレスで特別に試飲させてくれました。ありがとうございます。いつも思いますが、人に淹れてもらうコーヒーは格別。そして、たまにはお客さんの気持ちを味わうのも大事なことなので、なるべく機会をもうけていろいろなお店にに行きたいと思います。

アルフィスタ

7月22日(木)晴

久々に愛車ロメオのワックスがけをしました。車検のときに車屋さんにしてもらったのを除くと約1年ぶり。お店のスタッフとして、仕入れ、ときには車好きのお客様との話題の共有に一役買ってくれる存在なのに、この扱いはいかん。まだお店を持てると思っていない2004年のクリスマスイブに納車され、大きな故障もなくここまで来たのは以前のアルファロメオからすると信じられないことです。よく車好きの方から、「あの赤いアルファ、マスターの?」と聞かれます。先日も、本牧和田山(周富徳さんなどが住む高級住宅地)の常連マダムとアルファのことでお話が弾みました。といっても、マダムはかれこれ、30年前からアルファロメオを何台も乗り継いだという生粋のアルフィスタ(アルファロメオを愛するオーナーのことをこういいます)。お話を伺うと1300ジュニアや1600スパイダーなど往年の名車の名前もありました。当時はデザインやエンジンなど魅力的な車も多かったですが、如何せんよく壊れたそうです。私が乗る147という車は、アルファロメオがフィアットの傘下になってからの車なので、故障も少なく快適にアルファを楽しめるのはいいのですが、当時のようなわくわくするような魅力に欠けるが少し残念です。私も車好きの一人ですので、最近のエコカーブームには少々残念な感じがしています。確かに地球環境を考えることは重要だと思います。しかし、元気を失っているこの時代だからこそ、わくわくする車が出てきて欲しいものです。車が売れないと自動車メーカーの方がよくおっしゃいますが、「エコカーや減税」だけでない車本来の魅力で勝負して欲しいと切に思います。私が社会人になった平成元年、その年はバブルの真っ只中。世間は浮かれていましたが、約1千万円もした国産車ホンダNSXや280馬力のフェアレディZ、Zといい勝負だった三菱GTO、ベンツの上を行く高性能のトヨタセルシオ、そしてライトウエイトのオープンカーの先駆けユーノスロードスター。本当に魅力的な車が次から次へと発売されました。

愛車ロメオの洗車をしつつ、そんな「古きよき時代」?を思い出した暑い日の午後でした。うちも、暑いからコーヒーが売れないという言い訳をせず、わくわくする商品やサービスを提供し続けたいと思います。

期間限定豆

7月23日(金)晴

先週の土曜日から発売したメキシコALラスヌベス農園が、おかげさまで人気です。メキシコは有機栽培コーヒーの発祥の地でもあり、いくつかの認証コーヒーを有す国、一時品質低下の時期もありましたが最近は「いい珈琲」が入手できると個人的には感じています。今回のラスヌベスも有機栽培で、中深煎で焙煎していますが、香りの評価が高く、コーヒーをよく飲みなれた方々は、香りがいいと感想を述べられます。2周年を迎えたときにお出しした「ボリビアフロルデベー」はCOE(カップオブエクセレンス)、今取り扱っている「エルサルバドル・パカマラ・エルカルメン農園」は、RA(レインフォレストアライアンス)認証豆、そして今回のメキシコは有機栽培(メキシコは期間限定ではありません)。品質、グレードを重視されるハンズのお客様には、特別に何か付加価値を付けた豆をご紹介したい。そう思って毎回バッハさんに無理を言って、豆を探してもらっています。秋には、どこかのCOEを入手したいと思っています。次回は、8月6日から発売の中国雲南思茅(スーマオ)。先日のテスト焙煎後のカッピングでは、スムースな口当たり、独特の風味、期待が持てる豆だと思っています。

暑くなり、ホットコーヒーは・・・とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、暑いときにエアコンの効いたお部屋やお店で、普段とは違うホットコーヒーを飲むのもまた贅沢な過ごし方だと思います。よかったら、この週末、涼しい店内で「贅沢」、してみませんか?

国際郵便小型包装物

7月24日(土)晴

今日も暑い一日でした。お店は冷房が効いていますので、実際に暑いわけではないですが、お店の前を通過する人の表情が尋常ではないこと、入店するお客様の避難場所に来たような面持ちから察すると相当暑かったはずです。まだ7月も終わっていないこの時期にこの暑さ、先が思いやられる。

そんな暑い土曜日、一通のメールが届いていました。先日も通販をご利用くださったサンフランシスコの常連さんからのメールで、商品が届いたことをわざわざお知らせくださいました。ありがたいのと同時に、結構早く届いていることに驚いています。いろいろ検討した結果、スピードとコスト、そして信頼性から郵便局の「国際郵便小型包装物」というカテゴリーで出荷をしています。過去2回とも、出荷から4日で商品が届いています。料金も、600gのコーヒーを送るのに1,320円と、沖縄へ宅急便を送るのとあまり変わらない。さすが郵便局、あなどれない。郵政改革法案やゆうパックの遅配など、最近あまりいいニュースがない日本郵政。いいサービスもいっぱいあるので、もっとお知らせすればいいいのにと思うのは私だけでしょうか?そんな人様のことを言っている場合ではない、自分のところのお知らせをまずきっちりやろう。明日も頑張ります。

ポジティブリスト

7月25日(日)晴

今日も暑い一日でした。朝7時の時点で焙煎室の温度は35度。昨年より数段暑い感じです。そんな暑い日、外を歩く人がほとんどいない状態。考えてみれば、歩いていても熱中症など身の危険を感じる温度なので仕方がないことです。今日はだめかなと少々弱きになっていると、車で来店される方が続きました。そう、今日は車で来店される方が7割。残りの3割のお客様は歩いて来てくださったわけで、いつも以上に本当にありがたいと思いました。

そんな午後、ゆっくりカウンタートークができるので、これから発売予定の中国雲南思茅(スーマオ)のご紹介を多くのお客様にさせていただきました。ほとんどの方が、「中国でコーヒー採れるの?」という反応。それとやはり、心配されるのは中国の農作物の農薬問題。農薬に関するご質問があった場合は次のようなご説明をさせていただいています。なので、今日はコーヒー豆の輸入に関する規制について少しご紹介させていただきます。現在、残留農薬に関する規制は、厚生労働省の管轄で2006年に施行された「ポジティブリスト制度」に基づき管理されています。以前のネガティブリスト制度は、指定した農薬は使ってはならないとしていましたが、農薬の種類が多くなり管理がしづらくなくなったことなどが影響し、全ての農薬は基準値以下であれば使用してもいいとした規制に変わっていきました。当然中国から輸入されるコーヒー豆も例外ではなく、その厳しい基準に基づき、安全の確認がなされたもの以外日本国内に流通することはありません。なので安心してコーヒーをお飲みいただきたいと思います。いつも思うことですが、新しいコーヒーのご紹介は豆のスペックだけではなく、それに付随する様々なことをご説明しなければなりません。不安を取り除いたり、興味を持っていただいたり。それらも私達の仕事と思っています。

明日は、かじきと夏野菜のソテーのトマト仕立てのランチ。少々食欲が落ちるころですが、夏野菜を多く使い、添えるポテトサラダは柚子胡椒を使ったり。この時期食べたいと思えるものをご用意してみなさまのご来店を心よりお待ちしています。よかったら食べに来てくださいませ。

L値18(エルチジュウハチ)

7月26日(月)曇/晴/雨

先週一本の電話が入りました。「L値18でブラジル、コロンビア、グアテマラを焙煎してもらえますか?」と。ハンズでは、オーダー焙煎を2kgから承っていますが、事情をお聞きすると、研究開発に使うとのことで喜んでお受けしました。会社名をお聞きすると以前通販で購入履歴のあった企業様。中深煎とか中深煎と深煎の間で焼くということを日常行っていますので、L値というのは久々んの響き。ちなみにL値は明度の値で、簡単に言うと100が真っ白で0が真っ黒。その間の数値で色の明るさを表現したものです。L値18はちょうどCITY(シティ)ローストです。以前コーヒー会社で製品開発に携わっていたときは、L値17.5とか19.0といった数値でやりとりをしていましたので懐かしく思います。一日デガス(ガス抜き)した豆を、最終のカッピングをした後、100gずつ袋詰めし、商品ごと箱詰めしてお渡ししました。ご担当の方と名刺交換をし、商品の引き渡しをさせていただきましたが、お聞きするとインターネットでこだわりのコーヒーを検索してハンズを知ったそうです。何がきっかけで商売が繋がるかわかりません。なので常にアンテナを張り巡らせ情報発信していきたいと思います。そして、ハンズのコーヒーから何か新しい製品が生まれることを心から願っています。明日も頑張ります。

繋がること

7月27日(火)晴

毎日書きたくないですが、今日も暑かったですね。日経新聞に書いてありましたが、熱中症で病院に搬送された方は、19日から26日までの1週間で6千人を超えたそうです。異常な暑さの中、今日も来店してくださった方々には本当に感謝です。そんな暑い昼下がり、ご近所の年配のご婦人の常連さんがお二人で入店されました。暑いので、冷房の効いたコーヒー屋さんでゆっくりおしゃべりしようと入ってこられたようです。お話の内容はよく聞いていませんでしたが、会話のやり取りが少し面白かったので、思わず笑いをこらえてしまいました。「ねえねえ、メルアド(メールアドレス)教えてよ。メル友になろうよ。」と片方のご婦人さんが最近覚えたメールとそれらの言葉を使いたくてたまらないような表情が何だかほのぼのしました。会話の内容だけだと若い人の会話のようですが、以前お歳を伺ったら75歳をこえていらっしゃるとのことだったので、ちょっとびっくり。「メールは便利よ。好きな時に送れてすぐ着くし、お手紙だったらポストまで出しに行かなければならないしね。こんなに暑いと出しに行ったら帰ってこれなくなるまもしれないしね。(倒れると言いたいようでした)」と。結局もうひと方が、携帯が苦手だったようで、メル友にはなれなかったようですが・・・。うちの両親は携帯すらもっていません。なので、この常連さんはとてもすすんでいると思います。繋がることって楽しい。だからみんなメールするんでしょうね。明日も暑いかもしれませんが、夏にうれしいランチをご用意してみなさまのご来店をお待ちしています。

柚子胡椒

7月28日(水)晴

今日も暑い一日。案の定お客様が少なかった。しかし、ランチはおかげさまでまずまずでした。昨日ランチの時間を過ぎていたからと、ケーキセットを召し上がったご婦人二人が、「ランチ食べたかったので」と今日また来てくれました。ゆっくり召し上がった後、レシピを聞いてこられ、「手が込んでいておいしかったわ。来てよかった。」と言って帰られました。うれしいひとことです。今週のランチは「カジキと夏野菜のトマト仕立て」。メインもおいしいと言ってくださる方がおおいですが、意外にもサイドディッシュの「柚子胡椒の和風ポテトサラダ」の評判がいいようです。

柚子胡椒は一時ブームがあり、一気に知れ渡りました。ファンの方も少なくないようです。以前旅行で行った湯布院(大分)は、柚子胡椒の消費が多い地域で、ごはんにかけたり、味噌汁に入れたり、食べ方のバリエーションも多く、しかも柚子胡椒種類も豊富にあります。私たちもそのときに食べて一気にファンになりました。

ハンズのランチは週変わりですが、少しでも変わった食材、レシピを心がけています。夏の暑い時期は食欲も落ち気味になるので、少しでも食べやすいものを提供したいと思っています。来週は8月。一年で一番暑い時期。暑い時期に食べたくなるようなメニュー、おいしいコーヒーでお客様に喜んでいただけるようお店を冷やしてみなさまのご来店をお待ちしています。

ちなみに柚子胡椒の和風ポテトサラダは、金曜日が最終です。よかったら食べに来てくださいませ。

健康が大事

7月29日(木)雨

今日は久々に一日雨。昨日の夜から、お店のメンテをすべく準備。ランチをはじめて、最初の夏。手遅れになる前に虫などの対策をすべく、2階とあわせバルサンを焚き、念入りに掃除をしました。なので、一日あっという間に終わってしまった。お店を維持するのは本当に大変だとあらためて思いつつ、自分達のかけがえのないお店なので苦にはなりません。メンテが終わり、お気に入りのブログを見ると、何と常連さんが入院していました。最近、知り合いが入院したり、大病したりと身の回りで健康を害している人が少なくない。幸いなことに、自分達は今のところ大きな病気をせずにお店を運営することが出来ています。しかし、いつ体調を崩すかわかりません。何をするにもまず健康が大事。栄養と休養を充分とり夏を乗り越えたいと思います。

助かった

7月30日(金)雨/晴

今日は今月最後のランチ。天気や気候のことを考え、セーブしようとも考えましたが、こんなときだから来てくださった方に品切れではいけないとも思い、積極策。ふたをあけてみれば、大あまりとなり残念な結果となりました。商売はむずかしい。しかし、以前、「水曜日か金曜日にもしあまったら電話くださいね」とおっしゃってくれていた常連さんへ電話。快くお引き取りをいただきました。家族の人数が多いので、結構引き取ってくださいました。おかげさまで、ほとんど在庫がなくなり助かりました。最近、金曜日はおかげさまでいいときが多かったですが、さいすがにこの暑さでは。暑い日がつづきますので、つくる量をこれまで以上吟味して臨みたいと思います。常連さんありがとうございました。明日も頑張ります。

今年の7月

7月31日(土)晴

今日で今月も終わり。今年の7月は、営業時間中の雨が少なかったことなどが幸いして、昨年対比で27%増となりました。とは言っても昨年の7月が胸を張って言えるような実績ではなかったので、全く満足はしていません。最終週の失速も今後の課題です。もう3回も7月の後半を経験しているのに、無策だったことは大きく反省しなければなりません。しかしながら、今年は昨年に比べ、とても暑い日が多く、その中を来てくださったお客様には感謝以外の言葉が見つかりません。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。毎月集計している単品豆の売上数は、アイスコーヒーにも使える「ケニアAA」がトップとなりました。僅差で「エルサルバドル・パカマラ・エルカルメン」が2位。お店のストレートで淹れるアイスコーヒーも断トツでケニアが1位です。明日から8月。6日の中国の豆をかわきりに、毎週新豆をお出しします。気持ちもあらたに頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

ページトップへ