カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

「商品検索」コーナーからお買い物ができます!

お買い上げ金額 2,800円以上送料無料 2,200円以上2,800円未満の送料全国一律250円

10月の集計

11月1日(日)晴/曇/雨

今日から11月というのに、少し暑いくらいでした。お店の前を通る人もTシャツ姿が数人いるくらい。杉山清貴の曲(古いなあ)に、♪襟なしのシャツに10月が来ても夏は終わらない♪というのがあったと思いますが、秋は来るのだろうかと思えるほど。いまだにエアコンを冷房にする日も何日かあります。もっと寒くなるとコーヒーが美味しくなるのになあと思いつつ、10月の営業実績を集計しました。

豆売りは、前年より二桁伸びましたが、前月とほぼ横這い。一方店内でのコーヒーの杯数は、大きく伸びました。ランチの効果も大きいですが、ケーキセットの数量が伸びました。ハンズのコーヒーは安い方ではありませんが、ケーキセットにするとリーズナブルになるとよく言われます。コーヒーを美味しく飲んでいただくため、「脇役」ではあまり利益を取らず、喜んでいただくことで再度来店してもらえるよう、開店当初からケーキの価格を抑えるようにしています。それとアレンジカフェオレの黒糖カフェオレとメイプルカフェオレのアイスの継続とホットメニューの追加も杯数を上げています。そして温度の高かった日も多かったためか、ストレートで淹れるアイスコーヒーも意外と売れました。10月もたくさんのお客様にご来店いただき本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

ハンズはコーヒーしかないお店です。なので、コーヒーの楽しみ方についてはこれからも追及していきたいと思います。

基本に帰る

11月2日(月)曇/雨

今日は天気もよくないので、ランチがたくさん残るかもしれないという危険があり作る量をセーブしようとしましたが、金曜日の完売のこともあるし、せっかく来てくださったお客様をがっかりさせるのも申し訳ないので、ロス覚悟で多めに作りました。案の定、お客様が少なく、「やっぱり作らなければよかった」そんなことが少し脳裏をかすめたランチ終了5分前、6人の団体さんが「まだランチあります?」助かったと思いましたが、冷静を装って「まだございます」とお答えしました。

その後は、のんびりした時間がすぎました。途中、通販の出荷作業、ハンドピックをこなしましたが、それでも時間があまったので、最近新規のお客様が多いことへの対応ということで、メニューブックのリニューアルを行いました。

はじめて来られるお客様は、23種のコーヒーそしてアレンジカフェオレ、ストレートアイスなど、コーヒーメニューの多さとコーヒーメニューしかないことにかなり迷われる方も少なくありません。また、専門用語の「SHB」や「AA」なども分からない場合もあり、もう一度基本に帰り、お客様の立場にたってメニューを見てようと思いました。そんなことから、メニューブックの右側半分を、選ぶときの目安、専門用語の解説、カフェハンズの名前の由来をのせてリニューアルしました。少しでもわかりやすく、もっと気軽に美味しいコーヒーを楽しんでもらえれば幸いです。

まもなく、ドミニカバラオナが終売します。エチオピアシダモイルガチェフも在庫わずかで、別の豆を採用します。11月の後半には、それらを陳列する際、豆売りコーナーもわかりやすくリニューアルしようと思っています。

明日は祝日なのでランチはありません。コーヒーのお客様で賑わうことを願って、今日は閉店とさせていただきます。

ラスト2カップ

11月3日(火)祝:晴

今日は12月上旬の寒さになると天気予報で言っていたとおり、寒い一日となりました。前半は気温の寒さもさることながら、お客様も少なく、まさに「寒い一日」でした。しかし、昼食をゆっくり食べたあと、ハンドピックをはじめるや否や、お客様が続き、夕方まで息つく暇もないほど。ありがたい限りです。

夕方以降は残念ながらお客様も途切れ、ゆっくり後片付けをしていると、見なれたご夫婦がお店の前から本牧方面へ歩いて行くのが見えました。(いつもだと、そのあと15分程度でハンズにご来店となります。今日もそうなりました。)ほぼ2日に一度のペースでお見えになるご夫婦で、閉店前後に来店されます。なので、ハンズのラスト2カップをこのご夫婦にお淹れすることが多いです。

ハンズにご夫婦で来店されるお客様は仲の良い方が多いですが、とくに、年配のご夫婦が仲良くコーヒーを飲んでいると、素敵だなあと思います。熟年離婚だとか、家庭内別居だとかをニュースやドラマでよく目にしますが、そんなこととは無縁な方が多いのも事実です。冷静に考えれば、仲が良くなければ二人でコーヒーなど飲みに来るはずもないわけで。

これからも、そんなご夫婦の憩いの場になれるよう、おいしいコーヒーと寛げる空間を提供できるよう頑張りたいと思います。

明日は、休み前の最後のランチ。ミネストローネとチキン&ミニサラダ。コーヒーは中米の逸品パナマSHB。よかったら食べに来てください。

年賀状の準備に・・・

11月4日(水)晴

先日の日記に書きましたが、今使っているハンズのポイントカード用スタンプは、コーヒー豆のかたちをした消しゴムはんこ。常連さんにつくってもらいました。その常連さんは、消しゴムはんこで色々なものをつくります。

消しはん 

額に入れるとこんなふうに。すごいと思いませんか?

消しはんアート

私たちはこの「消しはん」がすっかり気に入ってしまい、常連さんにお願いしていくつかの作品をお店で展示販売させていただくこととなりました。レジの後ろの展示テーブルに置いていますので見てみてください。

さらに、その「消しはん」のつくり方を教えていただけるとのことで、「消しはん」製作教室をやらせてもらいます。道具や材料はすべて準備してくれるので、手ぶらで参加できます。これから年賀状のシーズンになりますので、今年は手づくりのはんこで味のある年賀状をつくってみるのはいかがでしょう?

「消しはん」製作教室

日時:11月15日(日)11:00~ 

場所:カフェハンズ 

参加費:1,800円(コーヒー、ケーキ付)

お申込、お問い合わせ先:カフェハンズ/TEL045-625-3922

反響

11月6日(金)晴

水曜日の夜から展示をはじめた「消しゴムはんこ」。とても反響がありました。「消しゴムはんこ」製作教室の案内にと展示した「消しゴムはんこ」が欲しいという方がいらっしゃって、2個販売しました。

消しゴムはんこという懐かしいアイテムに関心を持つ方も多いようですが、デザインの良さにみなさん惹かれるようです。おいしいコーヒーとともに、「楽しい体験」は、新規の方にはとても印象に残ることです。お店の印象付けに貢献してくれています。消しゴムはんこ教室の講師である常連さんに感謝です。

この消しゴムはんこの展示は11月15日(日)までですので、お見逃しなく。

オープニングメンバー

11月7日(土)晴

土日の常連さんから、「土日で一日くらいランチしないの?したらいいのにね」というありがたいコメントをいただきました。何人かの(土日の)常連さんからも同様のコメントをいたきましたので、早急に検討したいと思います。

そんな土曜日。今日はイルガチェフ(エチオピア)がよく売れました。このままだと月末までもたないどころか、来週末にも終売になる可能性もあります。気が付けば、開店当時のオープニングメンバーが次々いなくなってしまいます。「キューバクリスタルマウンテン」「ドミニカバラオナ」そして「イルガチェフ」。何だか寂しい気もしますが、色々な珈琲をご紹介できると前向きに考えたいと思います。

人気のイルガチェフの代役は中々見つかりませんでしたが、同じアフリカ大陸の逸品マラウイのゲイシャ種「マラウイゲイシャ」を採用することにしました。去年の秋、限定コーヒーでマラウイを採用したことがありましたが、とても人気がありました。そのときは中深煎でしたが、今回は深煎。深煎もまた格別なので、お客様に喜んでいただけると信じています。

<マラウイゲイシャ>

マラウイ共和国は、アフリカ大陸、タンザニアの南、モザンビークの隣にある、北海道と九州を合わせたほどの面積の国です。主に、ドイツやアメリカへ輸出されるため、日本では馴染みの低い豆ですが、豊かな香りを持つ、第一級の豆です。
エチオピア原産の「ゲイシャ種」は、生産量が非常に少ない希少価値の高い豆です。苦味の中にフローラルな香りが特長です。

近日発売マラウイ

11月8日(日)曇

昨日の日記で「マラウイゲイシャ」を近日新登場させることを書きました。イルガチェフの販売終了後に登場させる予定ですが、少し早まりそうです。

そんなマラウイ。米人気歌手マドンナ(51)がアフリカ南部マラウイの学校建設に乗り出し、首都リロングウェで10月26日、起工式に出席したという記事がネットのニュースで配信されていたのでご紹介します。

マドンナは同国の子供2人を養子として引き取るなどマラウイとのかかわりが深い。 マドンナの慈善団体サイトに掲載された情報によると、この学校「レイジング・マラウイ女学園」は、リーダーとなる女性の育成を目指す。マドンナは「途上国の女性は一貫した教育を受ける機会が与えられないことが多い。われわれの目標は、彼女たちがチャレンジ精神を持ち、地域社会のために働き、国の発展を担うよう教育すること」とコメントしています。起工式にはマドンナがマラウイで養子縁組を結んだ2人を含む、4人の子供が同行しているとのことです。

マドンナは数年前からマラウイとのかかわりを深め、同国の貧困や子供のエイズ問題にスポットを当てたドキュメンタリー番組も制作しているそうです。

そんなちょっと話題のあるマラウイ。味でも話題となることを確信しています。

明日からのランチは、「乱切りナスの麻婆丼+ミニサラダ。ランチのコーヒーは「モカマタリ」です。ハンズランチ初登場のごはん。よかったら食べに来てくださいませ。

深煎強化

11月9日(月)晴

夏から秋にかけて酸味系のコーヒーを充実しようと、3アイテムを追加投入しました。酸味の好きなお客様を中心に、少しずつ評価はいただいていますが、深煎党の方には目新しさがないようにも思えます。「イルガチェフ」の終売に伴う「マラウイ」の投入に併せ、イタリアンブレンドのリニューアルをはかろうと思っています。現在3種のブレンド配合を4種にすることも検討しています。

今年は11月になっても、あまり寒い日が多くないですが、もっと寒くなったときにはやはり、もっとコーヒーが飲みたくなるものです。そんなときに、色々選べるのがいいので。

明日はマラウイのテストローストをしようと思っています。イタリアンのブレンド試作もしようと思います。そんなことで、深煎党のみなさま、今しばらくお待ちくださいませ。

最近多い話題

11月10日(火)晴/曇/雨

最近カウンターで多く出る話題があります。「駄菓子屋」について。

私たちのような昭和の世代の人間にとって、子供のころよく行ったところといえば、駄菓子屋を思い浮かべる人も少なくないと思います。私が通っていた小学校のまわりには、駄菓子屋が3軒隣接していて、まさに駄菓子屋激戦区。

新しいお菓子やゲーム(といってもアナログのゲーム)など、登場するとそこへ行ったものです。よく行ったといっても、お小遣いはちょっとなので買うものを吟味したり、昨日少し無駄遣いしたから今日は少し我慢しようなど、「資金繰り」?を考えながら行動していたと思います。当時を思い出すと、合成着色料や人工甘味料など、身体によろしくないものも多く含まれていたようで、赤いふ菓子を食べれば口の中が赤くなったのです。

駄菓子屋とはそんな思い出深い場所ですが、そこには必ずと言って名物おばさんがいました。常識に反した行動をとると即座に注意されたものです。振り返ると、駄菓子屋は社会のルールを身に付ける社交場として立派にその役割を果たしていたように思えます。今の子供たちは社会にルールを身に付ける社交場はあるのだろうか?コーヒーをはさんで、そんな会話が最近なぜか多いです。

先日の日記で書かせていただいた「帰らぬ夫」など、ひとつのテーマが集中するときがあるので不思議です。喫茶店とはそんな不思議な社交場の要素もあるようです。

明日は雨のようですが、おいしいコーヒーとランチを準備して皆様のご来店をお待ちしています。

雨の日でしたが・・・

11月11日(水)雨

今日は一日雨。やはりお客様が少なかった。ランチ初の0かと心配していましたが、大家さんのシルバーのメルセデスが駐車場に入るのが見えました。その後、ご近所の常連紳士のお客様が続きました。今日のランチは残念ながらこの2食。こんな雨の日に来てくださったお二人に感謝です。

しかしランチが終わってしばらくすると、先週ランチを召し上がった団体さんのお一人が入店してきました。来週17日(火)のランチのご予約。なんと9人。ありがたいのとびっくりしたのと半々。

その後豆の常連さんがご来店。今朝アップしたホームページの、マラウイ新発売案内を早くも見てくださったようで、「新発売(マラウイ)のあります?」と。今朝焙煎したので発売前でしたが販売させていただきました。

そして、ホームページの問い合わせを通じて、コーヒー教室のお申込が2名ありました。この2名様で定員となりましたので、受付を終了させていただきました。今回のコーヒー教室はすべてホームページを通じてのお申込。コーヒーをおいしく淹れたいと考える人が多いことがうかがえます。

その後、豆売りコーナーとメニュー表に新商品のマラウイ・ゲイシャとドミニカ・モンテアルトエステートを追加し、休み明けからスパートできるよう準備しました。今日はこれで終わりかと思っていると、いつもブルマンやハワイコナなどを買ってくださる常連さんが入店されました。ブルマン、マタリ、タンザニア、コスタリカなど合計700gを買ってくださったあとカウンターでコスタリカを2杯。淹れ方のご説明もさせていただきました。そのお客様曰く、「一週間働いた後、ここのコーヒーが楽しみでね。」ありがとうございます。

雨の日でしたが、お客様に必要とされている喜びを感じる一日でした。

休み明けの13日(金)から、新商品のマラウイ・ゲイシャ(深煎)とドミニカ・モンテアルトエステート(浅煎)が登場します。併せてイルガチェフが終売となります。イルガチェフの独特の香味がなくなるのは非常に残念ですが、マラウイのフローラルな香味も絶品ですので、苦味系のお好きな方にもきっと喜んでいただけると確信しています。お楽しみに!

スプレモ

11月12日(木)曇

今日は定休日。久々に豆のご紹介をさせていただきます。

今日の豆はコロンビアスプレモ。カフェハンズにも同業者がたまに訪れますが、そのときによくオーダーされるのが「コロンビアスプレモ」。ブレンドのベースにもよく使われることから、自家焙煎店では必ずといっていいほど置いてり、そのお店の力量をはかるのに比較しやすい商品でもあります

<コロンビアスプレモ>

当店のコロンビアスプレモはナリーニョ州の豆を使用しています。コロンビア南西地域に位置するナリーニョ州は、標高が4,276mもあるGALERAS火山のふもとに位置し、野生の風景、ジャングルのある南へ流れる河、勤勉な農民が住む色鮮やかな家々が印象的な地域です。海抜1,800-2,200mに位置しており10ヘクタール未満の小規模な農園が多く、コーヒー生産で暮らしを支えています。山のふもとという土地がら、急斜面が多く、コーヒーの栽培・水洗は伝統的な方法で行なわれています。収穫は手摘み。コーヒーの木は、バナナなどのトロピカルフルーツの木の影に植えられ(シェードツリー)、栽培には化学肥料は使用されず、コーヒーの皮などの有機肥料を利用しています。コロンビアの最上級グレードスプレモ。スプレモはスクリーン(64分の1インチ)17以上が80%以上の最上級の豆です。スクリーンの大小で味の評価はできないですが、粒が大きいということはきちんと成熟した豆ということになるため等級が高く扱われます。その下には、エクセルソ(スクリーン14~16)、13以下は自国内の消費にまわります。

豊かな風味と苦味の中に上品な酸味が特長。私も好きなコーヒーのひとつですが、あまりにスタンダードすぎて、専門店で購入する方が意外に少ないようです。グアテマラとともに、これぞ中深煎といった逸品です。よかったら今度試してみてください。

13日の金曜日

11月13日(金)雨

今日は13日の金曜日。しかも雨。厳しい一日を覚悟しつつ、ランチの準備する数を妻と相談し、ロス覚悟でいつもの数を仕込みました。ロスには、そのものが残って無駄になるロスと、売れるのに商品がないチャンスロスの2つがあります。今日のような雨の日は、せっかくご来店いただいたのにランチがないのは申し訳ないので、チャンスロスをさけることを優先しました。とはいえ、先週の金曜日はミネストローネが多くあまって、火曜日までほぼ毎日食べるはめになり、ランチの難しさを痛感しました。

12時半を過ぎてもランチのお客様は0。今週も残ってしまうかと思っていると、常連の方が続き、その後電話で、「ランチまだありますか」と問い合わせがあるなど、ありがたいことに完売となりました。ほっとすると同時に、常連さんのありがたさを痛感しました。

その後ギフトのまとめ買いや会社帰りの豆の常連さんなど、13日の雨の金曜日でしたが、売り上げ的にも実りのある日でした。商売とはわからないもの。本当に難しい。明日も雨のようですので、厳しい日となるかもしれませんが、「商売と書いて我慢と読む」の教えのとおり、地道に商売していきたいと思います。

今日から発売のマラウイ。おかげさまで好評です。

告知

11月14日(土)雨/曇

今日は午前中雨が強く降り、お客様が来店されなかったので、手をつけたかったビーンズコーナーの改修を行いました。

今まで来店された方が、ひとつひとつの商品プレートをじっくりながめ、選ぶのに時間がかかったり、決めかねてしまうことがしばしばありましたが、もっと直観的にわかりやすくするため、POPをビーンズケースに貼付しました。貼付後来店されたお客様が、早速そのPOPをご覧になり、欲しい商品の絞り込みをスムーズになさっていたように感じます。また、焙煎度で味覚の傾向がわかるようA4サイズの表をビーンズケース棚の上に貼りました。その他、カフェオレ、エスプレッソ、アイスコーヒーの飲み方別のおすすめ商品をA4サイズにまとめて貼りました。基本的に豆売りは、丁寧に商品のご説明したいと思っていますが、はじめて入ったお客様が、すぐに店員が近づくのもあまりいいものではないとも思うので、まずはお客様がご覧になって安心して購入できる売り場をつくりたいと以前から思っていました。効果は明日以降にあらわれることを期待したいと思います。

明日は「消しゴムはんこ教室」(11:00~12:00頃)です。楽しみです。

それぞれの日曜日

11月15日(日)晴

久々の晴れ。やはり晴れがいいものです。

今日は11:00から「消しゴムはんこ教室」です。準備のため早々来店された先生が、コスタリカを早々に飲まれセッティング。まもなく受講生の方が来店。

消しはん教室風景

和やかな雰囲気の中、先生の教え方が上手だったとみえ、受講生の方の作品もとっても上手にできました。何より、みなさんの表情が楽しそうだったので、よかったと思いました。そして先生が私たちのために、布にコーヒーとコーヒーカップをスタンプした作品をプレゼントしてくださいました。ありがとうございました。

消しはんてぬぐい

その後夕方までお客様が切れず、おかげさまで忙しい一日となりました。お客様が途切れた午後6時を過ぎた頃、一級建築士を目指す常連さんが来店されました。将来の夢について力強く語ってくださいました。夢の準備のお話をお聞きすると、自分達がしてきた準備のことを思い出します。夢の準備は楽しいものです。若い方の熱い想いを聞いているとこちらもエネルギーを貰います。きっと成功すると思いますし、成功して欲しいと思っています。

その後、閉店してから4人の男性のお客様が入店されました。最年長の方がコーヒー好きと見え、”若い衆”を連れてきたといったところでしょうか。「最近こんな自家焙煎店が少なくなってな。がんばんなよ」と。

そして今日は、その後もご夫婦のお客様が続きました。日曜日の夜は、おいしいコーヒーで寛ぎのひとときを過ごしたいと思う方が多いようです。気が付けば午後9時をまわっていました。

今日も多くの方の笑顔を見ることができました。それぞれの日曜日。コーヒーという飲み物で、寛ぎのお手伝いができたのなら幸いです。

明日のランチは「シーフードチャウダー ニューイングランド風」。クリーム系のスープなので、コーヒーは深煎のペルーSHG。よかったら食べに来てくださいませ。

まもなく新配合イタリアンブレンド

11月16日(月)晴/曇

今日は、ランチの時間帯にお客様が集中しました。先日ランチを召し上がったご婦人さんの団体7人が再来店。一気に席がうまりました。こんな日は、その後穏やか?な一日になるときが少なくない。残念ながら今日も午後からゆっくりと時間が過ぎていきました。

そんなときは気を揉んでもしかたがない。以前から検証中だった新配合のイタリアンブレンドの味覚を決めることに。いろいろと検討しましたが、バランス、繊細さ、コクを考慮し、4つの豆を配合することにしました。今までの3つの豆の配合のイタリアンもおいしいと思いますが、さらに深煎のブレンドらしくするため、この配合にさせていただきます。今週は第三週のため、水曜日と木曜日が連休となりますので、休み明けの金曜日から新イタリアンを発売させていただきます。苦味系が好きな方、是非ご賞味くださいませ。また、カフェオレ、エスプレッソ、アイスコーヒーにもよく合いますので、いろいろな飲み方にも応用がきくアイテムでもあります。

明日は雨の予報。厳しい一日になるかと思いますが、先日ランチのご予約9人様が12:30ころに来店される予定なので、お昼は忙しくなりそうです。妻は今その仕込みに奮闘中です。明日もがんばります。

日記

11月17日(火)雨

今日は予報通り雨。しかし、ランチのご予約が入っていたので、少し穏やかな気持ちでいられました。

そんな雨が強く降る中、いつも豆を買いに来てくださる常連さんの車がお店の前に止まりました。先日お買い求めいただいたマラウイを再度買ってくださいました。そして、本日終売のイタリアンブレンドを買って帰りました。新しい配合で金曜日から発売しますが、「今のをください」と。そして「今日はこのあと忙しいんですよね」と。昨日の夜アップした日記を読んで来てくださったようです。

ありがたいことに、私の拙い日記を毎日読んでくださる方がいらっしゃいます。(推定ですが50人くらい)一喜一憂する気持ちを、あたたかく見守るようにいろいろとお気遣いいただくことも多いです。本当にありがたいと思います。駅から近いわけでもない小さな個人店に、来てくださるだけでもありがたいのに、心遣いをいただくなんて。最近は人間関係が希薄になっていると言われますが、うちの常連さんに限って言うとそれはあてはまらないと思います。日々たいへんなことが多いですが、そんな「人間くささ」を感じられるところが、カフェの面白いところだと最近痛感します。いい仕事をさせてもらっていると思っています。

12時過ぎからわずかな時間にお客様が続き、12:30のランチのご予約のお客様がこられるころには、カウンターまでいっぱいとなりました。おかげさまで今日用意したシーフードチャウダーは完売。雨の日だから少しセーブしようと思いましたが、こんな日だから来てくださったお客様をがっかりさせてはいけないと多めに具財を用意したのが正解でした。ただし、その後のお客様が続かず、ケーキは結構あまりましたが・・。商売は本当にわからないものです。でも、ハンズを楽しみにしてくださる方が、今日もたくさんいらっさやったことが何よりうれしいです。

明日、明後日は第三週につきお休みです。休み明けまた頑張ります。

不覚にも

11月18日(水)晴

本当なら今日は関西へ行っていたはず。毎年11月の連休はお墓参りにいくことにしています。去年の教訓で深夜バスも安さの追求から、安さと快適さのバランスを考慮したタイプを1ヶ月前からチケット予約をしていました。今は深夜バスも快適なタイプも結構あり、かなりリクライニングして足元広々タイプで、横浜~京都の片道は4,700円というものもあるくらい。移動時間とコストの圧縮で、深夜バスで移動しようと火曜の営業を終えてからの便で横浜を出るはずでしたが・・・。

不覚にも、1年に1度のお墓参りの日に風邪をひいてしまいました。火曜日の夕方くらいからかなりのどが痛くなり、閉店間際に来店された常連さんとお話するときは声がかすれる程。ぎりぎりまで行こうと思っていましたが、大事をとってお墓参りは断念。今日は一日パジャマ姿で寝ていました。おかげで、のどの痛みもほぼなくなりました。不幸中の幸いで、お店の連休の直前に風邪をひいたので、ゆっくり2日かけて直す余裕があり助かりました。

客商売をやっていると、自分達がしんどいというだけではなく、お客様にうつさないこともとても重要です。場合によっては、臨時休業も英断しなければなりません。そうならないためにも、日ごろからの健康管理には注意しなければと痛感します。ということで、つまらない日記となりましたがご勘弁を。

繋がり

11月19日(木)雨

おかげさまでゆっくり休ませていただいたので、風邪はほぼ完治しました。日記にコメントをいただくなど、みなさまにご心配をいただき申し訳ないのと同時にありがたいことだと痛感しています。

そんな休日2日目。2つのお電話がありました。

ひとつ目は、ご近所の常連さんから。「明日ランチ行くはずだったけど、用事ができたので欠席です。」と。別段ご予約をいただいてるわけではないのですが、具財が残ってはかわいそうとのご配慮だと思います。この常連さんは地元根岸町の方で、常々ハンズを応援してくださいます。よくお知り合いを連れてきてくださったり、お店を宣伝してくださったり、ありがたい限りです。明日お会いできないのは残念ですが、うれしいお電話でした。

もうひとつのお電話は、こちらも常連のお客様から。ハンズには船長さんのお客様が二人いらっしゃいますが、そのお一人からお電話が。「明日予定通り船を降りるのでお店に行くよ」と。ということは、新商品を(多く)買って帰るから焼いておいてということだ。ありがたい限りです。

その後メールの整理をしていると、コーヒー教室のお問い合わせ。土曜日がどうしても都合がつかないから、他の日はできないかのお問い合わせでした。ハンズでは事前にご連絡をいただけば、個別のコーヒー教室をお受けします。そう返信し、お返事を待つことにします。

お店はお休みでしたが、たくさんの方と繋がる1日でした。明日から新配合のイタリアンブレンド。ぜひご賞味くださいませ。

イベント

11月20日(金)晴

もうすぐ12月。はやいもので今年もあと1ヶ月余り。12月に入ると忘年会やクリスマスパーティなどイベントがめじろ押しだと思いますが、カフェハンズでも、12月はイベントが2つあります。

ひとつは12月12日(土)の夕方から、常連のお客様の「冬の感謝祭」と銘打って貸切の忘年会のご予約をいただきました。アコースティックギターなどのライブあり、落語ありの盛りだくさんな内容です。

もうひとつは12月19日(土)の午後7時から、アコーディオン+ヴィオラ+ボーカルのクリスマスコンサート。代表的なクリスマスソングを楽しみながら、ブルマンとスイーツで寛ぐひと時をと題して今年最後のコンサートを開催します。

どちらのイベントも、ありがたいことにチケットは発売間もなく完売。今年もいろいろなご縁で、様々なイベントをやらせていただきました。コーヒーをベースに、これからもたくさんの人と繋がりたいと思います。

明日は朝からコーヒー教室。12月はコーヒー教室を実施しないので、明日が今年最後のコーヒー教室です。ご自宅のコーヒーをおいしくするためのお手伝いができるよう頑張ります。

連休初日

11月21日(土)晴

今日は朝からコーヒー教室。11時過ぎに予定通りカリキュラムを終えると、そのあと予約の入っている団体さんが来る前に昼食と思っていましたが、ありがたいことにお客様が続きました。最近土日は夕方にお客様が集中していましたが、今日は早い時間にピークがありました。明日は天気予報では雨なので、厳しい一日となるかもしれないので、今日一日忙しかったのは本当にありがたいです。何より、いつも来店される常連さんがいつものように来てくださったことがうれしいです。明日もがんばります。

カルディの伝説

11月22日(日)曇

今日は連休2日目。天気予報では雨。そして3連休の中日は、統計的に売り上げの「中抜け」(売上が低い)することが多いので、厳しい1日を覚悟していました。がしかし、おかげさまで昨日忙しかったので、今日は焙煎も多く、朝から忙しくさせていただきました。多少昨日の疲れが残っていたのか、体が重い感じがしていましたが、こんなときはコーヒーを飲むと元気になるので、カッピングも含めコーヒーを少し多めに飲みました。するとどうでしょう、開店の前くらいには、すっかり元気になりました。やっぱりコーヒーっていいなあと、いまさらながら思い、コーヒーの起源といわれるカルディの話を思い出しました。コーヒーの起源といわれる話には、カルディの話とシークオマールの話が有名です。せっかくなので、今日の日記でカルディの話をご紹介しておきます。(シークオマールの話は、また今度ご紹介します)

アビシニア(現エチオピア)にカルディという一人のアラビア人ヤギ飼いがいました。ある日のカルディは、飼っているヤギが牧草地に生えている灌木の実を食べて、騒がしく興奮状態になることに気がつきました。そこで、近くの修道院を訪ねてこの不思議な話をすると、院長も不思議に思い、その実の効能を自ら試してみることにしました。茹でて飲んでみたところ、気分が非常に爽快になったのです。これに驚いて夜の儀式中に居眠りをする修道僧たちにも飲ませてみると効果てき面。弟子たちは居眠りもせずに勤行に励むことができました。やがて「眠らない修道院」の噂は国中に広まり、魔法の木の実が競って求められるようになったということです。まさに この実がコーヒー。これがコーヒーの起源のひとつと言われています。

心配していたとおり今日は中抜けでした。お店の売上は昨日の半分以下でしたが、通販に救われ、なんとか普段の土日並みの売上で終えることができました。通販の中には、昨日のコーヒー教室の受講生の方がお友達へプレゼントするものも含まれていました。何ともありがたいことです。

明日は連休最終日。再び忙しくなることを願って今日はこのへんで失礼します。

新イタリアンブレンド

11月23日(月)祝:晴

今日は連休最終日。天気もいいのでラストスパートと意気込んでいましたが、午前中は常連のお客様とゆっくりお話ができるくらい。昨日の中抜けに続き、「底抜け」を心配しつつ、明日からお出しするランチの試作品を妻と二人試食しました。ゆっくり味わって食べられ、まずまずの仕上がりということを確認できたのはよかったのですが、お客様が・・・・。午後1時をすぎても・・。

その後1時半をまわったころ、常連のご夫婦が来店されたのを境に、お客様が続き、一瞬で満員に。ありがたいことですが、一時に集中する最近の休日の傾向が今日は午後一番に来ました。残念ながらピークはこの一瞬でした。まだまだ力不足だと痛感しました。しかし、少しずつ豆のお客様がいらっしゃったので、売上的には土曜日と同じくらい。おかげさまで3連休トータルでは売上もそこそこあって、ご来店のお客様に感謝です。

そして今日はうれしいことがあります。それは新配合になったイタリアンブレンドの評価がよかったこと。自信をもっておすすめする配合に仕上げたものの、いつもイタリアンを飲まれる方が、おいしくないと思われたら改良した意味がないので少し不安もありました。でもほぼ全員の方の反応がよかったのでひとまずほっとしています。新商品のマラウイも好評でこちらもほっとしています。ハンズはコーヒー専門店ですので、コーヒー好きな方に喜んでいただけるコーヒー豆を提供できることが何よりうれしいです。明日も頑張ります。

なお、明日のランチはポークのトマトソース煮込みとポテトサラダ。ランチコーヒーは中煎のニカラグア。よかったらたべに来てくださいませ。

新商品

11月24日(火)曇

先日発売しましたハイチ・モン・ラセル、ドミニカモンテアルトエステート、マラウイ・ゲイシャ・イタリアンブレンドの新商品は、おかげさまで出足がまずまずの状況です。この連休は、豆の販売量が多かったので、今朝の焙煎は開店ぎりぎりまでかかりました。コーヒー専門店なので、豆がたくさん売れることはとてもうれしいことです。お客様がいろいろ新しいものを選べるのもいいことだと思っています。

豆の充実にくらべ、スイーツの目新しさがなくなってきましたので、洋梨のムースケーキを終売し、以前人気があったりんごのシブーストを復活させたいと思っています。今週末から販売したいと思います。シブーストとは、メレンゲとカスタードを混ぜたクリームで、それをつくったパリの菓子職人の名前がその由来だそうです。コーヒーにとても合うのでぜひご賞味くださいませ。

うれしい延長戦

11月25日(水)雨/曇

今日は、先日いただいたギフトの出荷作業に追われ、ヤマト(運輸)さんの当日出荷の締め時間ぎりぎりまで慌しい一日でした。今のところギフト販売は、目標より少しすくない感じですが、12月のギフト商戦の蓄えで、1月の落ち込みを乗り切れるので、今が頑張りどきです。

そんな中、出荷業務を終え片付けをしていると、常連さんの車がお店の前で止まりました。営業時間をすぎていたので、車の中からブロックサインのように「まだいい?」と。OKサインを出して入店してもらいました。本牧で結婚式があり、その会場で食事をしたそうですが、締めのコーヒーが口にあわなかったらいしく、ハンズにわざわざコーヒーを飲みに来てくださったそうです。とても光栄なことです。

よくバッハの田口さんがおしゃっていましたが、腕のいいシェフほど締めのコーヒーにはこだわるものだそうです。どんなにおいしい食事をしても、締めのコーヒーの印象がよくなければ、そのお店の評価は半減するし、リピート率も低下するようです。たかがコーヒーされどコーヒー。今日の常連さんだけでなく、ハンズのコーヒーをおいしいと思って来ててくださる方々をがっかりさせないよう、これからも精進していきたいと思います。

情熱

11月26日(木)晴

買い物から帰ると、ゴルフコンペの景品としてハンズブレンドをたくさん注文してくれた親戚から、商品が届いたというFAXが入っていました。

70歳を超えるのに未だ現役で活躍している商売の大先輩。開店当初から何度か足を運んでくれたり、お客様を紹介してくれたりとハンズをバックアップしてくれています。いただいたFAXの中には、コーヒーのおいしさなどのお褒めの言葉もありましたが、自分達の商売を100歳まで続けたいという強い思いが書かれていました。今では隠居生活をしている私の父親がよく口癖のように言っていた「商売は生涯現役。」好きなことをずっと続けていけるので幸せなんだ。ということを思い出しました。100歳かあ。もしそれまで現役なら、あと60年近く続けないと。いった何kg焙煎するんだろうか。何杯抽出するんだろうか。と意味のない想像をしてみましたが、何より大事なことは、それだけ続けたいと思う情熱だと思います。そして、それを実現させるための弛まぬ努力と健康管理。見習わなければ。何年続けられるかわかりませんが、遠い先のことを考えず、一日一日を大事にしていきたいと思います。明日も多くの豆を焙煎できる喜びを噛みしめ、頑張ります。

反動

11月27日(金)曇

この1週間、おかげさまで忙しい日々が続きました。昨日も休みなのに、配達の依頼があったくらいでした。さすがに今日はその反動でしょうか、閑散とした店内。ランチもたくさんあまってしましました。商売は難しい。今日もそんなことを痛感する一日となりました。

こんな日は気を揉んでも仕方がないので、12月にしなければいけないことを妻と確認する時間を持ちました。おかげさまで、充実した時間がつくれました。そして、いつも来店される豆の常連さんが夕方に続き、最後はほっとしました。明日は忙しくなることを期待しています。明日も頑張ります。

自家焙煎店のラインナップ

11月28日(土)晴

ハリケーンによる影響でキューバクリスタルマウンテンの入荷が困難な状況の中、代役を仰せつかったハイチ・モン・ラセルでしたが、こちらも短命で間もなく終売となります。ただし、その代わりにグレードのさらに高い、「マール・ブランシュ」という豆が今日入ってきました。浅煎の豆は、どちらかというとレアな存在ですが、自家焙煎店ではなくてはならない豆のひとつです。自家焙煎店では、幅広いお客様のニーズにお応えするため、浅煎から深煎までバランスよくラインナップするのが望ましいと考えます。もっと浅煎の良さを知っていただくために、何か販促を考えねば。

それとビッグニュース。パナマのママカタ・ゲイシャという豆が少量ですが入荷できそうです。何がビッグニュースかというと、この豆は「パルプドナチュラル」(下記参照)の「ゲイシャ種」で世界初お目見えだからです。バッハにより確保できたので、少量分けてもらいます。(購入します。)生豆の価格もあのブルマンNo.1の倍以上なので大事に売らねば。年明けに販売しようと思いますので、詳細はまた後日。

(パルプドナチュラル)

パルプドナチュラル製法はブラジルで開発されましたウェットプロセスのひとつ。収穫後のコーヒーチェリーを果肉除去し、パーチメントコーヒーにしてから乾燥を行ないます。ミューシレージ(粘液性の糖質)が付いたまま乾燥させます。

ウォッシュドとの違いは使用水量が少ないことやミューシレージを除去する際に出る汚水のリスクを無くせる等環境に優しく、また品質の面でも糖質により甘味が増すといわれて注目されてきています。
ブラジル国内ではここ十数年でシェアを拡大し続けています。しかしながら乾燥時に糖質により豆が発酵する可能性があり、細心の注意が必要であり、他の製法に比べて生産コストが高くなります。また設備投資費もかかります。このようなことから今現在ではブラジルの大中規模農家の間でのみ見られます。

クリスマスリース

11月29日(日)曇

今朝一番のお客様は、流木教室の先生でした。昨年も今頃、松ぼっくりや蔓などを持って来てくださって、「クリスマスリース作ってみてくださいね」と。しかし、私が忙しさに感けて作るのを躊躇していると、蔓などが割れてきてしまい、結局リースは完成せず。そのことをお詫びすると、「来年は作って持ってきますよ」と。言われた私はすっかりそのことを忘れていましたが、今日、本当にリースを作って持って来てくださいました。手作りリースなんてすてきと喜ぶ妻と一緒に喜ぶ私。今年は入口の扉にリースを飾ります。去年と同じく、小ぶりのツリーとクリスマスカレンダーを今年も用意します。12月1日から飾ろうと思います。

それと開発がようやく済んだ「クリスマスブレンド」。こちらは、店内ご飲食用は、週末の12月4日(金)から発売。豆は12月18日(金)~25日(金)までの期間限定販売とさせていただきます。当初はブルマンブレンドで、100g千円を考えていましたが、クリスマスはやはり、ケーキやお菓子、少し重い食事をすることも考え、深煎のブレンドとしました。店内でのご飲食でお試しいただき、是非クリスマスのお供にどうぞ。併せて店内ご飲食用にシュトーレンを販売します。こちらも12月4日(金)~25日(金)までの限定販売です。

今日は少し寒かったですが、今年は比較的暖かいので、クリスマスが間近という感覚が少ないですが、お店も少しずつクリスマスモードに。

よかったらクリスマスモードを味わいに来てください。

繋がり

11月30日(月)曇

今日はランチタイムに常連さんがお二人来ることがわかっていました。というのも、常連の方が自作CDのジャケットをつくる際、先日ハンズで開催した消しゴムはんこ教室の先生にデザインを依頼したいと相談をいただいたから。ちなみに、そのCDの歌詞の中に、♪挽きたての珈琲♪とか♪根岸駅から5分のこだわりの珈琲店♪というフレーズがありますが、それはハンズのことだそうです。ランチを召し上がったあと、お二人で打ち合わせ。ハンズのお客様のコラボとなるので楽しみですし、お客様が繋がるのはうれしことです。

繋がりといえば、今日最後に来店された方は、新山下にお店を構えるドゥカフェのお二人。このお二人は、あのシアトルの名店ビバーチェで修行された本格バリスタ。本物のエスプレッソが飲めるお店です。このお店を以前、ハンズの常連さんにご紹介しましたが、その常連さんがドゥカフェのお二人にハンズのことを紹介してくれたようで、今日来店されたようです。カウンター越しに、楽しいお話をさせていただきました。

今日は素敵な繋がりを感じる11月最終日でした。明日から12月。今年もあと1ヶ月です。明日もがんばります。

ページトップへ