カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

「商品検索」コーナーからお買い物ができます!

お買い上げ金額 2,800円以上送料無料 2,200円以上2,800円未満の送料全国一律250円

ハワイのコーヒー

アメリカで唯一コーヒーの産地であるハワイ。しかしハワイは最初からコーヒーが採れたわけではありません。そのハワイコーヒーの歴史についてお話します。

1825年、ハワイ王国カメハメハ2世とカマルマル女王、オアフ総督ボギ酋長の一行は訪問先のロンドンで初めてコーヒーを味わいいたく気に入ったそうです。しかし、残念なことにロンドン滞在中にカメハメハ2世と女王はハシカで亡くなってしまいます。その後帰国したボギ酋長は、ブラジルでコーヒーの苗木を手に入れ、ウィルキンソンに命じてオアフ島のボギ農園に植えさせましたが、中々うまくいきませんでした。しかし、1828年サミュエル牧師が、ハワイ島コナ地区の自宅庭にボギ農園から持ち帰ったコーヒーの挿し木を鑑賞用に植えたところ、コナの気候がコーヒーに合ったらしく、僅か数年の内にコナ一帯でコーヒーを植えることが流行り、今では世界的に有名なコナコーヒーの産地になりました。